クレディ・アグリコルのロゴ

    クレディ・アグリコルは世界最大の協同組合金融機関です。同名の地方銀行、39の地方銀行、クレディ・アグリコルSA研究所の広範なネットワークが含まれています。彼の専門分野には、リテールバンキング、資産管理、信用協同組合、投資、個人預金などがあります。その農業技術の焦点のために、会社はしばしば「グリーンバンク」と呼ばれます。 1894年に独立した建造物として登場しました。本社はフランスのモンルージュにあります。

    意味と歴史

    この銀行組織の活動は、専門家団体の活動の自由を規制する文書が承認された後、19世紀の終わりに始まりました。とりわけ、それは相互支援のための農民組合と地方銀行の結成を可能にした。法の採択から1年後、現在の組織の基盤が現れました-SociétédeCréditAgricole。この協会は、1885年2月にジュラ地域のサランレバンで設立されました。

    その後、フランス農業大臣ジュール・メリーヌは、農民が必要な財政的支援を受け、産業を積極的に発展させるために、そのような金融サービスの開始を現場で促進し始めました。貸付は主に小規模な家族型農場に関係していました。これがクレディ・アグリコルが全国に広まった方法です。

    最初の銀行は、農学者、教師、起業家、私有財産所有者など、地方のエリートによって設立されました。農民自身が少数派であったため、これはローンを提供することができないために銀行ネットワークの衰退につながりました。 1897年、政府はフランス銀行がクレディ・アグリコルに資金を提供し、1回限りの4,000万金フランを発行し、毎年200万フランの手数料を請求するよう要求しました。

    協同組合銀行が自信を持ってようやく立ち上がって初めて、協同組合銀行は自分のアイデンティティについて考え始めました。したがって、ロゴのカウントの歴史はすぐには始まりませんが、数年後に始まります。合計で、彼のキャリアには5つの個人的なエンブレムがありました。

    1930年 – 1948年

    デビューロゴは非公式のプロトタイプでした。それは金融機関の農業の焦点を強調し、両刃の円で構成されていました。中央には耳とぶどう(右側)、そして「MCA」の刻印(左側)がありました。文字はクラシックでセリフで、色はモノクロ(白とベージュ)でした。

    1948年 – 1959年

    1948年に、公式のエンブレムが承認されました-シールの形の半楕円形。開発者は、それが農業部門の優先順位を最大限に伝えていることを確認しようとしました。ブドウが主な要素として選ばれました。フランスの地図を背景に刻まれたブドウの葉の上に、密集した束が中央にありました。それらの下には、端が不均一に突き出た細長い文字「C」、「A」、「M」がありました。端に沿って、会社のフルネームである「クレディ・アグリコル・ムチュエル」の広い帯がありました。一番下の別のフラグメントで、省略形がもう一度繰り返されましたが、標準の大文字のフォントでした。

    1959年 – 1971年

    ロゴの構造は変更されていません。改善されたばかりです。設計者は、馬蹄形に似た、はっきりと細長い楕円形を作成しました。これが農業部門と畜産部門のつながりです。著者たちは、広い彫刻の葉、フランスの地図、日陰の海にブドウの房をロゴに残しました。 3つの耳を追加し、「C」、「A」、「M」の3つの別々の文字の概略的な碑文を削除しました。しかし、彼らは下の略語には触れませんでした。

    1971 – 1987

    この期間の始まりは、クレディ・アグリコルのロゴの歴史における分水嶺を示しています。それははるかに簡潔で現代的になりました。金融協同組合はすでに広く知られており、大多数に精通しているため、開発者は不要な要素をすべて削除しました。ロゴには略語「CA」が含まれていました。どちらの文字も蹄鉄のような形をしていました。下部「C」はクロスバー「A」として機能しました。農業部門への焦点は色によって伝えられました-2つの緑の色合い。

    1987 – 現在

    現在のロゴは前のロゴの様式です。設計者は、前進し、開放の準備をしたいという銀行の願望を強調するために、いくつかの調整を行いました。 「C」を斜めに配置し、底面を伸ばし、「A」が角度を付けてクラシックにしました。略語の下には、文字と同じ幅の緑色のストライプが1つあります。右上に真っ赤なストロークがあります。

    エンブレムのフォントと色

    その結果、多くの細部から2つの簡潔な文字しか残っていなかったため、ロゴの進化は明確でした。しかし、農業のテーマは常にサポートされてきました。最初は農業の詳細で表現され、次に色で表現されました。この概念は、設立の段階で金融グループの経営陣によって承認されました。

    エンブレムには、開発者は2種類のフォントを選択しました。切り刻まれた(タイトルが拡張されたサイドテキスト用、セリフ付き)、中央の下部の碑文に省略形が付いています。 最新バージョンでは、ブロック文字の代わりにグラフィック文字が使用されます。

    カラーパレットは抑制されており、オリーブ、カーキ、ダークグリーンなどの緑の色調が優勢です。 これで、デザイナーは赤#ed1c24とエメラルド#009b9dを緑#006f4eに追加しました。