コルベットのロゴ

    コルベットのスポーツカーは、セントルイス、フリント、ボウリンググリーンでシボレーブランドで販売されています。すべての工場、ならびにブランドおよび視覚的識別要素に対する権利は、米国最大の企業であるゼネラルモーターズに属しています。親会社は1953年にスポーツカーの生産を開始しました。それ以来、8世代のコルベットが製造されており、メーカーはそこで停止する予定はありません。

    意味と歴史

    車種ごとに独自のロゴがあり、ボンネットのバッジは特別な理由もなく頻繁に変更されていました。デザイナーは、2つの交差した旗を試し、傾斜角を変更し、碑文を追加および削除しました。ある時点で、太陽の光のように背景に縞模様が現れましたが、このモチーフはあまり人気がないことがわかりました。もう1つのあまり知られていないバリエーションには、アメリカの国旗が含まれていました。コルベットのデビューの4日前に、米国の法律が広告目的での州のシンボルの使用を禁止していることが明らかになったとき、それは放棄されました。

    1953年 – 1955年

    ゼネラルモーターズコーポレーションが最初のスポーツカーの発売を計画していたとき、エンブレムを作成するためにインテリアデザイナーのロバートバーソロミューに頼りました。彼は2つの交差した旗を描いたシンボルをデザインしました。左側は縞模様と星のある伝統的な米国旗、右側はレースのフィニッシュとスタートで振られる市松模様の白黒旗です。上はシボレーのワードマークでした。その反対側の一番下には、まとまりのある判読できない「コルベット」の碑文がありました。

    最後の瞬間、ブランド所有者は、このロゴを車に適用できないことを知りました。そうしないと、連邦法に違反する可能性があります。バーソロミューはバグを修正するのにたった4日しかありませんでした。最初に、シボレーは有名なルイシボレーレーサーの家紋を再生したかったので、それは名前が付けられました。しかし、彼女は適切なアーカイブ資料を見つけることができませんでした。

    その結果、古典的なフランスのシンボルであるフルールドリスを使用することが決定されました。その隣には、3本の横縞と十字架の付いた盾がありました。旗と碑文の両方が黒い輪郭の白い円の中に置かれました。元のエンブレムは、ケンタッキー州のコルベット博物館に今も保管されています。

    1955年 – 1962年

    タイポグラフィが変更されました。グラフィック要素が立体的になり、元の形を失いました。旗の前(下部)に「V」の文字が時計の針の形で現れました。当時のすべてのスポーツカーに搭載されていたV型8気筒エンジンの略でした。

    1963 – 1967

    1963年、2番目のコルベットモデルであるStingRayが登場しました。その名前は、「コルベット」という言葉の下にある黒い長方形の中にあるロゴの下部にありました。 「シボレー」のレタリングは、スポーツカーのファンがそれなしでブランドが誰に属しているかを知っていたために削除されました。銀色のVはなくなりました。旗の形、大きさ、色が少し変わっています。

    1968 – 1982

    3番目のスポーツカーモデルのリリース後、エンブレムの円は削除されました。デザイナーは、旗をより安定して見せるために、新しい角度で旗を描きました。

    1982 – 1996

    4番目のコルベットのロゴは認識を超えて変更されました。旗は場所を変えただけでなく、旗竿を失い、新しい長方形の形になりました。通常の黒い指輪が返されました。同時に、フルールドリスは姿を消し、シボレーゴールドクロスの主役になりました。

    1997 – 2005

    C5世代の場合、デザイナーはエンブレムを更新し、旗の元の位置を維持し、フルールドリスのシンボルとともにクラシックな形に戻しました。交差した旗竿は、円の途中ではありますが、通常の場所に戻りました。

    2005 – 2014

    同社は、黒いリングを取り外し、旗竿をバナーの内側の端にある細長い尾根に置き換えることで、ロゴを再設計しました。下部に「CORVETTE」というキャプションが追加され、開発者は右に傾いた新しい定型化されたフォントを使用しました。

    2014 – 2019

    第7世代の車には新しいシンボルが必要だったため、デザイナーは旗を動かして、はっきりとしたV字型にした。タイポグラフィは変更されていませんが、文字は銀色です。グラフィックパーツは、シェーディング付きのメタライズされたアウトラインになりました。

    2019 – 現在

    シボレーコルベットC8のロゴは、前のロゴよりもさらに「V」のように見えます。開発者は、フラグが互いに近づくように、下部のVノッチを削除しました。レタリングの文字が分離されたため、ブランド名がはるかに読みやすくなりました。色が薄くなり、上部の角がシャープになります。このバージョンのいわゆる「バタフライ」は2019年2月にリークされ、その後公式レンダリングに登場しました。

    エンブレムのフォントと色

    交差した旗は、すべての世代のコルベット車に付属しており、高速スポーツカーとして描かれています。市松模様の黒と白の旗は、フィニッシュをマークする標準のレーシング属性と同じように見えます。エンブレムの後半はより象徴的です。フルールドリス(ルイシボレーのフランスのルーツへの言及)と大胆な十字架(シボレーブランドバッジ)で飾られています。

    デザイナーは、特にコルベットのために作成されたカスタムフォントを碑文に使用しました。その後、「GrandSportFont」フォントファミリーがそれに基づいて開発されました。これはダニエル・ザドロズニーによる19のスタイルのセットです。

    ロゴの配色には、黒、白、灰色、赤、淡黄色が含まれています。さまざまな色合いの組み合わせにより、3D効果が作成され、画像に金属的な光沢が与えられます。