コルゲートロゴ

    Colgateは、Colgate-PalmoliveGroupによって作成されたデンタルケアブランドです。親会社は、バプテストの石鹸、キャンドル、でんぷんのメーカーであるウィリアム・コルゲートによって1806年に設立されました。歯磨き粉は、経営陣がサミュエル・コルゲートに引き継がれたときに、後に会社の品揃えに入りました。創設者の息子がそれを発売し、1873年にコルゲートと呼ばれる衛生製品を発表しました。チューブパッケージはワシントンシェフィールドという名前の歯科医によって発明され、1896年に同社はコルゲートリボンデンタルクリームと呼ばれる一連の実験製品を発売しました。

    意味と歴史

    世界で最も有名な歯磨き粉の視覚的な識別は、常に同じ赤と白の色のままです。 19世紀の終わりに登場して以来、別のパレットに変わることはありませんでした。スタイルまたはフォントのみが変換され、色自体は変換されませんでした。当初は缶が包装に使用されていましたが、ワシントンシェフィールドがチューブを提供した後、ペーストがその中で製造されました。最初のロゴはラインのリリースから1年後に登場し、1897年以来8回更新されています。

    1897年 – 1948年

    デビューエンブレムは、赤い背景に白い文字で装飾され、滑らかな文字で実行されました。ブランド名は2つのレベルに分かれていました。上部には「Colgate’s」という大きな単語があり、下部には小さな活字で「RibbonDentalCream」と書かれていました。

    この形のエンブレムは、すぐにチューブが詰められた段ボール箱に置かれました。四方に配置されていてとても便利でした。商品を棚に置いても、碑文は見えたままでした。赤い背景が白い名前をはっきりと区別し、純粋さ、新鮮さ、輝きの感覚を呼び起こしました。

    1949年 – 1963年

    元のバージョンは約40年間続き、1940年にのみ更新されました。デザイナーは、歯磨き粉の新しい名前であるDental Cream with Gardolに続いて、フォントをくっきりとモダンに変更しました。当然、「コルゲート」の碑文は残った。小文字で書かれている「with」前置詞を除いて、テキストは大文字で書かれていました。このバージョンでは、単語は幾何学的にバランスが取れており、まっすぐで明確な角度が提供され、自信と保護の感覚を呼び起こします。

    1963 – 1980

    1963年、同社は新しいスタイルでロゴを再設計しました。このバージョンでは、ブランド名は大文字で始まり、他のすべての文字は小文字で、滑らかでエレガントな線が付いています。さらに、開発者はパッケージに「MFP付き」の青と白の幾何学的要素を配置しました。彼は左側にいました。更新されたエンブレムはミニマルに見えましたが、認識できました。さらに、実際の象徴性の基礎を形成したのはこのフォーマットでした。

    1980 – 2001

    1980年の変更は、書体にのみ影響しました。滑らかなサンセリフ体で、以前と同じスタイルで書かれていましたが、書体は丸みを帯びた「C」と鋭く突き出た角「g」と「a」を備えたマジストラルボールドイタリックに変更されました。文字「t」から水平ストロークの半分が削除されました。

    2001 – 2004

    2001年に、ロゴは再び更新されました。レタリングはより複雑になり、文字はわずかに目に見える曲線で滑らかな遷移を獲得しました。この解釈では、フォントはすでにSanstone Heavy Italicに似ていますが、いくつかのトリミングされた線があります。カラーパレットは変更されていません。

    2004 – 2009

    この期間中、同社はエンブレムにボリュームとダイナミクスを追加したため、白い文字にはバーガンディの影がありました。この技法により、碑文は凸状になり、しっかりと明るくなりました。フォントもわずかに変更され、コーポレートアイデンティティが維持されました。

    2009 – 現在

    2009年には、言葉の線が柔らかくなり、逆にエッジがシャープになりました。一般に、2つのバージョンが提案されました。フラットとシャドウ付きで、現在も使用されています。

    2017 – 2018

    2017年、メーカーはロゴに新鮮さを加えることを決定したため、スペル「Colgate」を変更しました。彼は「g」の尻尾を伸ばしてアーチ状にし、笑顔のように見せました。実験は完全には成功しませんでしたが、設計者はこのアイデアを支持しました。

    2018 – 現在

    現在のロゴは、2009年と2017年のエンブレムを組み合わせたもので、「コルゲート」という言葉の下に白い笑顔が描かれています。このオプションは親しみやすく、ブランドの使命を正確に反映しています。このフォントは、1992年にManvelShmavonyanとTagirSafayevによって開発されたFreeSetスタジオに属しています。

    エンブレムのフォントと色

    コルゲートブランドはすぐに歯磨き粉の名前が付いたロゴのバージョンに落ち着きました。その理由は、カラフルなだけでなく、製品自体に有益なラベルが必要なためです。ブランドの存在の年月の間、ロゴはいくつかのデザインを持っていました:それらのそれぞれは名前、赤い背景と白い文字によって支配されました。 2017年以降、開発者は文字「g」の湾曲した尾が白い歯の笑顔で類似していることに気づき、このアイデアを実装しました。その後、彼らはグラフィックをテキストから分離しました。

    コルゲートのロゴで使用されている書体は、一度に複数の種類のフォントに近いものです。これは、ジム・ライルズによって設計され、ビットストリームによって公開されたFreeSet Demi BoldObliqueおよびVeraSans BoldItalicに可能な限り近いものです。コーポレートパレットは、白と赤の色の組み合わせで構成されています。