クリアラシルロゴ

    クレアラシルは、にきびやスキンケア製品を製造する化粧品ブランドです。その創設者はIvanCombeです。にきびと戦うための皮膚科薬であるクレアラシルが米国で発明されたのは1950年のことです。今日、それは世界で最も有名なブランドの1つです。

    意味と歴史

    エンブレムには、デビューしたニキビ治療から受けた会社名が常に刻印されています。現在、ロゴには2つの既知のバリエーションがあり、ほぼ同じように繰り返されています。唯一の例外は、各バージョンを一意にする単一の詳細です。

    1950年

    デビューエンブレムは、白地に黒文字のシンプルなレタリングです。テキストは、古典的なサンセリフ(平らで細長いサンセリフ)で実行されます。その唯一のハイライトは、平面上の遠近法の深さです。つまり、「Clearasil」という単語は水平方向に対角線上に書かれ、最後の文字はまるで宇宙の奥深くにあるかのように書かれています。これを行うために、設計者はシンボルの高さを変更せずに最終フラグメントをわずかに上げました。

    2000年

    同社は根本的に異なるスタイルのロゴに切り替えました。丸い標識は厳密に幾何学的な標識に置き換えられ、コーナー部分はスムーズに移行しました。文字「a」の場合、開発者は下のフラグメントを切り取り、「r」の場合、開発者は上のフラグメントを削除しました。彼らは「i」の上にミニチュアの長方形の形でドットを作りました。碑文の右側には、半楕円形でその周りを囲む3つのマルチカラーのストライプがあります。青、赤、灰色の線はランダムに配置され、いくつかの場所では互いに重なり合っています。それらは、厚みのある中央と尖った端を持っています。

    2010年

    このバージョンには、紺色の丸い文字が含まれています。 さらに、設計者は「i」の上のひし形を赤い点に置き換えました。 彼らはまた、下向きに水平に配置した中括弧を追加しました。

    2010 – 現在

    現在のバージョンのロゴでは、グラフィック構造が完全に変更されています。以前に追加された下部の中括弧は、設計者によって修正され、三角形のポインターになりました。さらに、彼らはエンブレムの面積を大幅に増やし、それを唯一の碑文の背景にしました。そのため、現在、化粧品ブランドの名前は広い長方形になっています。

    幾何学的形状の下部は、わずかなグラデーションのある灰色のストライプによってシャープになり、強調されています。左側が暗く、右側が明るくなっています。ロゴの下半分には「クレアラシル」という言葉が使われています。上部に無料の青いスペースがあります。白い文字は以前と同じスタイルです。彼らは暗い背景に対してはっきりと目立ちます。 「l」、「a」、「i」、「r」では、脚の下部が切り取られ、わずかな角度で丸みを帯びています。

    エンブレムのフォントと色

    ブランド名には、会社名という共通の要素があります。すべてのバリアントに存在します。モダンなロゴは、にきびを表す逆巻きのブレースを備えています。

    どちらのバージョンにも、異なるタイプのヘッドセットがあります。最初のエンブレムでは、文字にいくつかの切り捨てられた要素があり、輪郭が描かれています。 2番目のロゴは、合理化された大文字と小文字の組み合わせを使用しています。基本的なフォントタイプはプレーンサンセリフです。主な色は青、赤、銀です。