クラランスのロゴ

    クラランスは、1954年に医学生のジャック・コートン・クラランスによって設立されたフランスの化粧品ブランドで、彼はそれを彼の姓で名付けました。現在、高級化粧品や香水の製造に従事する世界的に有名な大企業です。

    意味と歴史

    ファッションの世界では、小さなボトル、ジャー、チューブで製品にマークを付けるのが通例であるため、商標のロゴはその名前に基づいています。 「クラランス」という言葉がはっきりと見え、そのミニマリストスタイルにより、ロゴをラベル、カバー、その他の広告面に簡単に転写できます。

    エンブレムのフォントと色

    化粧品ブランドが存在する間、ロゴは1つしかなく、現在でも使用されています。それは2つの碑文を含み、層状に配置され、弧状の線で上下に囲まれています。円弧は中央がわずかに厚くなり、両端が先細になっています。 「クラランス」という言葉は中央に水平に配置され、「パリ」はその下に配置されています。

    主な焦点はヘッドセットですが、それほど多様性はありません。上の文字はクラシックなセリフフォントですが、下の文字はまったく同じスタイルです。さらに、最初の単語では、文字は狭い間隔で配置されており、下部では小さな内訳があります。カラーパレットはモノクロです。赤(文字、アーチ)と白(背景)の組み合わせが含まれています。