シティバンク・ロゴ

    シティバンク・ロゴ

    シティバンクは、世界最大の金融コングロマリットの1つであるシティグループの消費者部門です。シティグループの組織は、トラベラーズグループの保険会社とシティコープを保有する銀行が合併することを決定した1998年に登場しました。しかし、シティバンク自体の歴史はさらに深くなります-1812年。そのとき、その前身であるニューヨークのシティバンクが機能し始めました。

    意味と歴史

    シティバンク・ロゴの歴史

    銀行は、現在の名前とロゴを取得する前に、多くの合併と統合を経ました。そのグラフィックシンボルは頻繁に変更されました。それは、四角い星から傘を模した赤い弧へと長い道のりを歩んできました。最新のブランディングシステムは、ニューヨークのエージェンシーであるペンタグラムのスペシャリストによって作成されました。デザイナーは、独特のシティバンクのロゴを開発しただけでなく、枝のファサードとインテリアがどのように見えるかを細部まで考えました。

    1955年 – 1962年

    ファーストナショナルシティバンクロゴ 1955-1962

    1955年、ニューヨークのファーストナショナルバンクとニューヨークのナショナルシティバンクが合併し、ニューヨークのファーストナショナルシティバンクが設立されました。新しい金融機関は、その名前を含むロゴを受け取りました。それは3行に分割され、2つの異なるフォントで書かれました。記事「The」と「ofNew York」の単語には、書道を模倣した手書きの書体が使用され、「FIRSTNATIONALCITYBANK」というフレーズにはハイコントラストが使用されました。細い長いセリフのフォントが選択されました。

    左側のエンブレムには、船乗りとハンターの2人が描かれています。彼らは丸い石の隣に座っていました。それは風車の刃と樽のパターンによって補完されていました。その上に狩猟鳥が座っていた。背景には帆船が出航していて森が見えました。これはすべて楕円形に配置され、果物、ベリー、野菜、トウモロコシの穂軸で上下に装飾されていました。環状のフレームには「ニューヨークの国立都市銀行」の刻印があり、着席している人々の下には「EST」と書かれていました。 1812 ”

    1962年 – 1965年

    ファーストナショナルシティバンクロゴ 1962-1965

    金融会社のフルネームがトップラインを占め、その下には「ワールドワイドバンキングのリーダー」というスローガンがありました。右側では、デザイナーは緯線と子午線で構成される楕円形の度数のグリッドの形で新しいエンブレムを配置しました。それは、コンパスの針を連想させる白黒の四角い星によって分けられました。このシンボルは、銀行が国際組織であり、あらゆる方向で機能していることを示しています。前置詞「of」のない「FIRSTNATIONALCITYBANK NEW YORK」の碑文は、リングフレームに複製され、2つの小さな5つの尖ったアスタリスクで区切られています。楕円形には矢印が刺さっていて、その両端は上下から見下ろしていました。

    1965年 – 1976年

    最初のナショナルシティバンクのロゴ1965-1976

    デザイナーはいくつかの要素を削除し、ロゴの構造を変更しました。左側には、度グリッドと4つの尖った星が付いた楕円形がありました。その下には「CITICORP」という言葉がありました。ロゴのこの部分は、角が丸い長方形のフレームに配置されました。右側には「FIRSTNATIONALCITYBANK」というフレーズが2行に分かれています。

    1976 – 2002

    シティバンク・ロゴ 1976-2002

    1976年に金融会社はシティバンクと名付けられ、1975年にAnspachGrossmanPortugalによって新しいロゴが作成されました。ニューヨークのコンサルティング会社の2人の従業員が銀行の視覚的なスタイルに取り組みました。チーフデザイナーのダンフリードマンと彼の直属の上司であるアートディレクターのジーングロスマンです。彼らは、4先の尖った星を白くし、それを塗りつぶされた黒い楕円形に配置することによって、既存のエンブレムを可能な限り単純化しました。 「CITIBANK」のレタリングは、ヴォルフガング・ウェインガートのタイポグラフィに触発されました。開発者は、すべての文字を太字と斜体にしました。そうすることで、彼らは「N」と「K」を組み合わせました-彼らは共通の線を持っていました。

    2000年〜現在

    シティバンク・ロゴ 2000

    現在のロゴの費用はシティバンクに150万ドルです。これは、ペンタグラムのデザイナーによるブランド更新のために意図された合計1,000万の予算から割り当てられた金額です。しかし、ニューヨークのエージェンシーの創設者であるポーラ・シェアが、クライアントとの最初のミーティングでナプキンにエンブレムを描いたのは偶然でした。彼女は10分もかからなかった。シティバンクの代表者は当初、そのような作業に150万ドルを支払うことを拒否しましたが、それでもそれを行わなければなりませんでした。ロゴの価値がコストを正当化したのです。

    事実、トラベラーズグループとシティコープの合併後にブランド変更が行われたのです。彼らの幹部は、新しい視覚的シンボルが両方の組織のアイデンティティの要素を反映することを望んでいました:古典的な赤いトラベラーズ傘とシティコープ名の前半。そして、すべてが調和して見える必要があり、1つの写真にまとめられました。ポーラ・シェアは、2つの会社のアイデンティティの側面を組み合わせました。彼女は、上部に赤い弧を描いて「シティ」という言葉を描きました。その結果、「t」は傘の柄のように見えます。このノウハウは、2001年から世界中で使用されているシティバンクのロゴの一部です。

    傘は、その前身の1つであるTravellersGroupから銀行に継承されました。今日、その特徴的な湾曲した形状は、ATMキオスクや支店の建築の細部など、多くの要素で認識できます。ロゴでは、傘は「i」の上のドットを置き換え、「t」の上のアーチを形成する赤い弧で表されています。これは、2つの金融機関が1つの合理化されたブランドに統合されたことの象徴です。

    エンブレムフォントと色

    レタリングの前半(「シティ」)は、タイポグラファーのトビアス・フレア・ジョーンズによって作成され、フォント・ビューロー社によって発行されたサンセリフである州間高速道路を使用しています。文字の端に珍しいカットが特徴です。名前の2番目の部分(「銀行」)では、デザイナーはまったく同じ書体を選択しましたが、大胆ではありません。 Interstateフォントファミリは、1993年から1999年の間に開発されました。これは、アメリカとアジアの道路標識用に設計されたハイウェイゴシックに基づいていました。

    シティバンクのロゴは、赤いアーチと紺色の碑文という2つの色とりどりの要素を組み合わせています。赤は、その色の傘が特徴のトラベラーズグループのエンブレムに賛成です。ブルーはシティコープのアイデンティティの一部です。もともとは支店の内部に含まれており、シティバンクに継承されました。