チェルシーロゴ

    チェルシーは1905年に拠点を置いていました。クラブの最初のエンブレムは、胸にメダルを持ったイギリス軍の退役軍人の集合的なイメージでした。 チェルシー王立病院のロゴでした。 フォームには載せられませんでしたが、最初の試合プログラムに登場しました。 そのため、クラブは「年金受給者」というニックネームで呼ばれました。

    クラブ名の運命は、1905年にパブ「TheButcher’sKnife」で決定されました。 後にケンジントンチームとFCロンドンチームのスタジアムに名前が付けられたため、「スタンフォードブリッジ」などの他のオプションもありました。 それにもかかわらず、幹部たちは、マーク・トウェインとオスカー・ワイルドが住んでいて、クラブが拠点を置いていたロンドン地区の名前を保存することにしました。

    意味と歴史

    チェルシークラブの歴史はとても豊かで長いものです。 チェルシーサッカーは世界最高レベルにとどまっています。 この事実は誰にでも知られています。 チェルシーのロゴは、クラブが多くの世界クラスの賞を受賞しているため、イギリスだけでなくヨーロッパ全体でもよく知られています。 それはチームの不可欠な部分です。

    チェルシーFCのエンブレムは、ファッションやファンの好みに合わせて何度か変更されています。 それらのほとんどはライオンを描いています。 これは比較的遅いアイデアです。クラブの設立からわずか半世紀後に導入されました。

    20世紀半ばまでに、ファンとクラブの経営陣の両方が古いニックネーム「年金受給者」にうんざりしていました。 1952年、マネージャーのテッドドレイクは、エンブレムをチームの新しいシンボルである青いライオンに関連付けることを決定しました。 一年で、有名な青いライオンが青い円の中に現れました。 その上、それはロイヤルブルークラブの元の色で行われました。 チェルシーフットボールクラブのロゴに描かれている花は、イングランドチームのエンブレムにもふさわしく、国を象徴しています。 サッカーボールはゲームのシンボルです。 1960〜1970年代、カップオブザカントリー(イングランド)での勝利の後、星とカップが定期的にエンブレムに追加されました。

    1905年 – 1952年

    デビューロゴには、「CH」と書かれた軍の頭飾りをかぶった男性が描かれています。彼のユニフォームは4つのメダルで飾られています。この画像は、英国軍の退役軍人が治療を受けたチェルシー王立病院の紋章から借用したものです。グラフィックはシンプルで、詳細はありません。パレットは白と青です。

    最初のエンブレムと同時に、その代替バージョンが使用されました。ベルトとして様式化された青いリングの中にいる軍人です。グラフィックはカラーで、クラブのフルネーム「チェルシーフットボールクラブ」が含まれています。

    1952年 – 1953年

    20世紀半ば、チームは古いシンボルを置き換えることを決定しました。最終的なロゴを待っている間、マネージャーのテッドドレイクは回避策を提案しました。中間バージョンには、白い輪郭の青い盾を背景に、「C」、「F」、「C」の文字のモノグラムが含まれていました。

    1953 – 1986

    1953年、ついに新しいエンブレムが完成しました。後ろ足で立っている青いライオンは、当時のクラブの長であったカドガン伯爵の家族の紋章から取ったものです。彼は、ウェストミンスター修道院長と同じスタッフを抱えています。ランカスターの3つの緋色のバラはイングランドを象徴し、2つのボールはサッカーへの取り組みです。動物の周りの青いリングは、チェルシーのロンドン地区の紋章を表しています。

    1986 – 1995

    1986年、新しいチームオーナーのケンベイツがロゴを簡素化して再設計しました。赤いライオンは青い円の内側の白い文字「CFC」の上にあります。

    1995 – 1997

    円が消えました。青い文字は白い背景に対して際立っています。ライオンは黄色で、同じ青い輪郭をしています。

    1997 – 1999

    1986年のエンブレムが返されます。唯一の違いは、ライオンが赤ではなく黄色の縞模様で囲まれていることです。

    1999 – 2003

    デザイナーは再びサークルを削除しました。ライオンは白と青に変わり、輪郭がはっきりとトレースされました。

    2003 – 2005

    ロマン・アブラモビッチの到着とともに、クラブは1986年のロゴを返し、白いライオンを残しました。メインカラーはブルーに近いです。

    2005 – 2006

    チェルシーFCは100周年を新しいエンブレムで祝いました。これは、1950年代のクラブバッジの最新版です。要素の配置がオリジナルとは異なります。ボールと花が側面にあり、「チェルシー」という言葉が上にあり、青いリングの内側に「サッカークラブ」が下にあります。 「100年100周年1905-2005」の碑文が金色で登場しました。ライオンの姿は、3D効果を生み出す影に囲まれています。

    2006 – 現在

    クラブは記念日のロゴを保持し、リングの外側の碑文のみを削除しました。サッカーボールとバラは1953年のエンブレムのように赤く、輪郭は金色のオレンジ色で、以前のバージョンよりも暗くなっています。

    エンブレムのフォントと色

    チェルシーFCチームは、デザイナーがお祝いのエンブレムを開発した100周年に現在のロゴを負っています。確かに、両方のバージョンの主な根拠は、国、都市、地元の貴族の主要なシンボルを描いた1953年から1986年のグラフィックサインでした。

    クラブの視覚的アイデンティティの古典的な要素は今日まで生き残っています。アールカドガン家の紋章から取った青いライオン、チェルシーの紋章と同じ青いリング、イギリスを表す2つのランカスター家の赤いバラ、ウェストミンスターアボット牧師スタッフを彷彿とさせるスタッフ。図面をスポーツ組織のエンブレムとして識別できる唯一の「サッカー」サインは、端にある2つのボールです。

    チェルシーFCのロゴのデザイナーは、Peignot Boldと非常によく似た、サンセリフフォントを碑文に使用しました。この書体は、1937年にDeberny&Peignotファウンドリのために作成されました。その作者は、有名なタイポグラファー、石版画家、画家のアドルフ・ムーロン・カサンドレです。

    配色の選択は、前景の青を強調し、エンブレムの視覚を妨げないようにすることができた専門家によって行われました。これを行うために、彼らはベースカラーを白、赤、黄金、灰色と組み合わせました。さらに、紋章のライオンの画像にはいくつかの色合いが含まれているため、デザイナーはわずかな3D効果を達成することができました。