カプリサンロゴ

    カプリサンロゴ

    カプリソーネは、濃縮ジュースから作られたフルーツドリンクのブランドです。今日、約40種類のフレーバーがあります。このブランドは、さまざまなスポーツ、フレーバーウォーターのRoarin’Waters、さわやかなドリンクのIsland Refreshers、100%ジュースも製造しています。 「飲酒帝国」は、スイスに本社を置く民間企業のカプリサングループに属しています。ブランド製品は100カ国以上で販売されています。ヨーロッパでの配布はコカコーラが担当し、米国ではクラフトハインツが担当しています。

    意味と歴史

    カプリサンロゴの歴史

    カプリソーネの物語は、栄養補助食品会社であるZick-Zack Werk RudolfWildの創設者であるRudolfWild(Wild)がCapri-Sonneオレンジドリンクを紹介した1969年にドイツで始まります。ワイルドは、天然物の促進と化学物質の使用の拒否に会社の主な使命を見ました。そのため、新しい飲み物は有用な構成を持ち、これがロゴの作成に反映されました。

    1978 – 1981

    カプリサンロゴ 1978-1981年

    カプリソーネは成功を収めたため、生産は徐々にスイスと米国に広がりました。ルドルフの息子、ハンス・ピーターが家業に加わった。ハンスのおかげで、同社は国際企業のルドルフワイルドGmbH&Coになり、海外市場向けの飲み物の名前はカプリソーネに変わりました。彼が1978年に米国でデビューし、彼の最初のロゴを受け取ったのはこの名前でした。

    エンブレムの飲み物の名前は、ハイフンで書かれた2つの単語、カプリと太陽で構成されています。それらは、リラクゼーション、楽しさ、そして暖かさとの関連を生み出します。日当たりの良いイタリアのリゾート地カプリは、長年にわたって有名人や王族の休暇の目的地となっています。これは観光客にとって本当の楽園です。そして、飲み物が生産される耐久性のあるパッケージは、あなたが休暇でそれをあなたと一緒に持って行くことを可能にします。

    エンブレムにあるカプリソーネの名前は、オレンジと太陽の形を彷彿とさせる柔らかく丸みを帯びた文字で書かれています。碑文の白い色は飲み物に合成化合物が含まれていないことを示し、オレンジ色の影は天体と甘い果実を示しています。

    海外の視聴者向けのパッケージとロゴのオプションは引き続きテストされました。そして3年後、ほぼ20年続いた新しい最終バージョンが登場しました。

    1981 – 2000

    カプリサンロゴ 1981-2000

    1981年以来、カプリソーネは米国全土に積極的に配布され、新しい単語のロゴでアジアとアフリカに出荷され始めています。その上で、ブランド名は、文字の下部が太陽の上にあるかのように弧を描くという興味深いスタイルを持っています。下の風通しの良い淡い黄色のリボンには、会社の主なアイデアと目標を反映した、飲み物の自然さについての碑文があります。ロゴの背景は青空です。そして、主な碑文は雲のように白です。エンブレムの全体的なコンセプトは、天国の感覚、リラクゼーション、清潔さ、静けさを伝える必要があります。また、ロゴの青と白は、純粋な湧水が生産に使用されていることを示しています。

    2000 – 2003

    カプリサンロゴ 2000-2003

    ロゴはよりミニマルになります。青い空は名前の白い文字のストロークにのみ残ります。テープも消えます。代わりに、対称的に配置された碑文が追加されます。甘さ、レモン、オレンジ、太陽のヒントとして、繊細な黄色がかった色合いのすべてのNaturaL。 NaturaLという単語の最初と最後の大文字は、最初から最後の成分までの自然さをさらに強調しています。

    2003 – 2014

    カプリサンロゴ 2003-2014

    同社はマルチビタミン飲料と100%リンゴジュースを発売しています。これはロゴに反映されています。優しい音色を失います。しかし、空、太陽、そして豊かな明るい味との関連はもっとあります。文字の影がスカイブルー、ストロークがブルー、自然の刻印が鮮やかな黄色のリボンに描かれています。ロゴは休日と暑い太陽の感覚を与え、熟した果物、濃縮された飲み物を物語っています。

    2014 – 2018

    カプリサンロゴ 2014-2018

    2010年にKKRはハンスピーターのパートナーになり、2014年に彼らは事業の一部を売却し、カプリソーネの生産を彼ら自身に任せます。同じ年に、飲み物の容器が変更されました-それは透明な底を獲得しました。これらすべてがロゴの変更につながりました。ブランド名のみが記載されています。青青の輪郭がわずかにぼやけており、透明な浮かぶ雲のような印象を与えます。自然性に関する情報は削除されました。これは、飲料の糖度が高いこと、ジュースの量が少ないこと、食品のカビが検出されたことに対する消費者の不満が原因と思われます。

    2018年–現在

    カプリサンロゴ2018

    ブランドは年間2億5000万パックを販売し、天国の高さに達しています。新しい飲み物のロゴは、空と海の水に関連付けられている柔らかい青色の背景を持っています。ブランド名は白い流れるような文字で書かれています。一般的に、ロゴは子供時代の感覚を生み出します。花とスイスの湖とのわずかな関連があります。

    エンブレムのフォントと色

    「サニー」という名前にもかかわらず、ブランドの主な色は青と白です。これは空と雲ですが、計画通り、日光はパッケージの中にあります。さらに、白は自然さを示し、青はカプリソーネのフレーバーバリエーションの幅広い選択肢から明らかなように、飲み物を作るための創造的なアプローチを示しています。 CronosProDisplayの太字のロゴフォント。