カンパリのロゴ

    カンパリは、苦味が際立つ苦味を生み出すイタリアのブランドです。ガスパレカンパリがユニークなアルコール飲料のレシピを発明し、家族経営のグルッポカンパリを設立した1860年に登場しました。

    意味と歴史

    ブランドのマーケティング方針には、頻繁なイメージの変更が含まれます。彼は有名な芸術家によって作成された彼の広告ポスターで有名になりました。また、各ラベルを飾るオリジナルのブランド名。

    ブランドには、多くのスタイル的に調和したエンブレムがありました。 1987年、その所有者はグラフィックデザイン基準を再定義することを決定し、このタスクをG&RAssociatiに委託しました。初期のロゴを調べた後、専門家は1912年に登録されたバージョンに注目しました。それが判明したように、それは第二次世界大戦後に最も人気があり、メーカーを識別するためによく使用されました。

    1888年 – 1905年

    ハーブ、ベリー、フルーツを注入した有名なビターリキュールのロゴは、繊細なカールと「ビター」という言葉で構成されていました。それは、「B」から外側に伸びるさまざまな太さの渦巻く線の中心にありました。これは、苦い部分であるブドウの木を思い出させるものです。エンブレムの主な強調は、最初の文字に正確に置かれました。オリジナルのデザインで、グラフィックサインに取って代わりました。言葉は半一貫性があり、優雅で、わずかに傾斜した書道の手書きで手書きされています。

    1905年 – 1912年

    この期間中、三重の碑文を持つ変種が優勢でした。各パーツは別々の行に配置され、個別のフォントがありました。ヘッドセットはどのラインでも一致しませんでした。トップワードの「ビター」はしゃがんだ、セリフ、そして印象的な前方の「R」レッグでした。中心的な要素は、両端に表現力豊かなセリフが付いた大きな文字の「カンパリ」の文字でした。下の断片は、飲み物の種類を表す「l`aperitivo」という単語で構成され、傾斜のない手書きのスクリプトで描かれていました。

    1912 – 1920

    伝説のリキュールのメーカーは、ロゴの元のバージョンに戻り、製品に関する追加情報を追加しました。その結果、ラベルは大量の詳細データが記載されたチラシのように見えました。背景は明るく、文字はいつものように暗かった。

    1920 〜 1921

    再設計後、会社は二重の碑文を取得しました。上部には「ビター」という言葉があり、下部には「カンパリ」という言葉がありました。ドリンクの遊び心のあるキャラクターは、オリジナルの装飾が施された「C」と「T」によって語られました。最初の文字は、上部が鋭く、下部が平らなセミカールの形でした。 2つ目は、左側の小文字の「i」を覆う波状の帽子で補完されました。すべての文字は細く、みじん切りで、大文字です。

    1921 〜 1922

    この期間中、ロゴは前のバージョンと同じ2つの単語から使用されていましたが、間にダッシュはありませんでした。さらに、デザイナーは細いフォントを太字に置き換え、文字にセリフを追加し、上部の碑文を減らし、下部を増やしました。

    1922 〜 1923

    エンブレムは一年中、ユニークなプレゼンテーションで「C」記号で飾られていました。従来の拡張なしで、上部が数回カールし、下部が狭くなっています。すべてのシンボルが密接に相互接続され、互いに流れ込んでいるように見えたため、「カンパリ」の碑文はイタリック体で一貫性を保っていました。 「苦い」という言葉は、小文字と同じスタイルで小文字で作られました。 「tt」には1つの共通のクロスバーがありました。

    1923年 – 1927年

    抜本的な再設計の結果、1つの碑文が付いたロゴが登場しました。ブランド名とアルコール飲料の種類は太字で強調表示されています。文字の隙間が狭く見えたので、白い背景がほとんど見えませんでした。

    1927年 – 1928年

    デザイナーは「カンパリ」のスペルを修正しました。1905年から1912年のバージョンを復活させ、ロゴから不要な情報を削除しました。さらに、開発者は記号をしっかりとシフトし、単語を引用符で囲み、「C」の下端をわずかに伸ばして、左脚「A」の後ろに持ってきました。

    1928年 – 1931年

    1928年に、著者はタイトルを再びグループ化しました。彼らはタイトルブロックに「Cordial」と「Liguor」の2つを追加しました。つまり、ロゴは、品揃えに登場する別のタイプの製品、つまりリキュールを対象としていました。上下の要素(ちなみに、角にあります)は小さく、中央の要素は大きく、太字で作られています。シンボルは完全に黒く、くすんでいて、内部に隙間はありませんでした。

    1931年 – 1935年

    当時のレーベルには「ビター」「カンパリ」「ラペリティーボ」の3つの刻印がありました。真ん中の単語は斜めに配置され、一貫性のあるイタリック体で、上の単語は太字のブロック文字で入力され、下の単語は細い文字で入力されました。

    1935 〜 1936

    エンブレムには、ブランド名、飲み物の種類、目的が含まれていました。碑文はバランスの取れた方法でグループ化されていませんでした。上部が右側、下部が左側、中央が中央にありました。ロゴが視覚的に過負荷にならないようにサイズも適切でした。キーワードは大活字で書かれ、他の2つは中程度で書かれていました。さらに、それらは遠近法の原則に従って配置されました:近い文字は大きく、遠い文字は小さいです。

    1936 – 1987

    イタリアのブランドの製品は、1年間、非常に独創的なデザインのエンブレムで装飾されていました。一番上の行の「C」と両方の「A」は押し出された端を持っていました。下のフレーズは、手書きのテキストに似たフォントで作成されました。

    1987 – 1991

    この期間中に、現在のバージョンの基礎となったユニバーサルバージョンが登場しました。ロゴには、読みやすいクリアで印刷可能な文字が含まれていました。それらは大きく、キャラクター間の内訳は中程度で、両側の両端に広いセリフがありました。同時に、同社は初めて、濃い青色を使用してモノクロから離れました。

    1991年 – 現在

    現代の商標には「カンパリ」という言葉が含まれています。文字は非常に近く、間隔はほとんどまたはまったくありません。彼らは珍しい形の短いが広いセリフを持っています。フォント-カンパリボールド。 LandorMilanoのマーケティングエージェンシーによってイタリアのブランドのために特別に開発されました。 1900年代の広告ポスターのレタリングは、タイポグラフィのモデルになりました。

    印刷可能な各文字には、黒い影の付いたダークゴールドのアウトラインがあります。このグラフィカルな手法により、微妙な3D効果を実現できました。青い長方形とは対照的に、白い文字が目立ちます。同時に、ロゴを囲む金色のフレームと調和して組み合わされています。

    エンブレムのフォントと色

    ブランドは、その存在の初期に、アルコールの種類を示す製品にレトロなラベルを選択しました。したがって、エンブレムは2行または3行で構成されていました。ブランドは今、用途の広いワンピースのロゴに落ち着きました。

    Campariは、その存在を通じて、信じられないほど多様なフォントを使用してきました。一般的に受け入れられているものもあれば、個人的なものもあります。その中には、たとえば、Mostra Nuova、Fairplex Narrow Black、CampariBoldなどがあります。エンブレムの配色は常に単音節のままで、黒または紺色から白の単色です。