カディラック・ロゴ

    最も有名な自動車ブランドは、デトロイト市の創設者の1人であるアントワーヌドゥラモットキャデラックにちなんで名付けられました。同社は当初から、最高のデザインと品質の車を顧客に提供するよう努めてきました。同社の車の伝説的な視覚スタイルは、今日でも車体の形状から簡単に推測できます。ロゴは、1906年の登場以来、多くの変化を遂げてきました。会社の存続期間中、ロゴは約30回変更されました。

    意味と歴史

    キャデラックの車のエンブレムの起源については多くのバージョンがあります:

    • あるバージョンでは、クリストファー・コロンブスがアメリカを発見する前にバッジが開発されたと主張しています。
    • 別のバージョンによると、高級車ブランドのロゴは、古いトゥールーズのアカウントの画像から作成され、フランス国王が所有する株式に関連付けられていました。

    1902 – 1905

    現時点では、ロゴの元の起源についていくつかの理論があります。同社の車のファンの間には、クリストファーコロンブスがアメリカを発見する前に、元の実施形態のロゴが最初に登場したという伝説があります。これは、トゥールーズ伯の最も古い家族の1人の紋章でした。そのため、ロゴの形と色の構造は、古いフランスの紋章に似ています。

    徹底的な調査の結果、アントワーヌデラキャデラックはフランスのどの貴族とも公式には関係がないことが判明しました。自動車会社の伝説的な創設者は、当時あまり知られていない自動車会社を宣伝するために、彼の貴族の過去の多くを単に発明した可能性があります。実際、ブランドのロゴに見られる紋章は、実際には有名なフランスの家族、ラモットに属しています。

    1905年 – 1908年

    会社の設立の最初の数年間、ロゴはミニマルであり、おそらくフランスの高貴な紋章の線と輪郭を完全に繰り返していました。ロゴの基本は、白鳥と平行線の紋章です。上部の王冠は構成を補完しました。紋章の周りには、貴族のロゴを強調する装飾的なフレームの付いた円がありました。紋章の下部には、ロゴの下部に配置された「ラモスキャデラック」の碑文がありました。当時のデザイナーは、デトロイトの創設者の家族の紋章からインスピレーションを得ました。キャデラック車の商標は1906年に登録されました。

    1908年 – 1914年

    第一次世界大戦前、自動車産業が最初のブームを経験したとき、キャデラックのブランドロゴはよりグラフィックで大胆になり、ブランドの積極的な開発と見栄えを強調しました。ロゴプレートはかなり厚くなり、メインエンブレムの上に配置され、同じ様式化されたクラウンが上に配置されています。 「世界標準」というスローガンが元の碑文に置き換わり、紋章の下に配置されました。

    1914年 – 1915年

    第一次世界大戦の初めに、会社のロゴはわずかな変更のみを受けました。ブランドのデザインはすでに米国の多くで認識されており、競合他社が少ないため、そのコーポレートアイデンティティはまだ会社の運営においてそれほど重要な役割を果たしていませんでした。紋章のストロークと輪郭、碑文のフォントが少し変更されました。ブランドの最初の車の角度の輪郭が変更されたと同時に、エンブレムはより丸くなりました。

    1915 – 1920

    第一次世界大戦の後半に、紋章の側面に葉を追加してロゴを大幅に再設計しました。明らかに、この決定は、戦争の破壊性の心理的影響を緩和する試みで行われ、平和主義の信念に置き換えられました。キャデラックカーはアメリカや世界のいたるところに登場し始め、調和のとれた見事にデザインされたロゴデザインを備えた世界最高の自動車メーカーの1つである「アイアンホース」のスタイリッシュな追加のおかげで、そのブランドは遠くから認識されるようになりました。 。

    1920年 – 1933年

    1920年代の到来とともに、レタリングはキャデラックのロゴから完全に削除されました。明るさとブランド認知度を強調するために、オリジナルのエンブレムから装飾的なチューリップリングがロゴに追加され、上部の王冠のグラフィックの具体化が完全に再設計されました。現在、王冠には7つのポンメルがあり、ロゴの尾根部分は実質的に無傷のままで、おそらくより詳細です。

    1933 〜 1939

    アメリカの航空の出現と普及に伴い、キャデラックはまた、その企業アイデンティティのために普遍的な楽観的な動機を使用することを決定しました。ロゴに翼が追加されました。

    1939年 – 1942年

    キャデラックのロゴの新しいバージョンは、第二次世界大戦の黎明期の1939年に導入されました。現在、ロゴはより工業化されています。翼は、上部に王冠が付いた三角形の形をした堅い形になっています。三角形の内側には、白鳥の紋章と元の会社の紋章のコーポレートカラーがありました。ロゴのクローム反射がくっきりとしたメタリックラインを際立たせ、車両自体のモダンなインテリアを宣伝する印象を与えました。

    1942年 – 1948年

    1942年に、会社の新しいコーポレートアイデンティティのプレゼンテーションが行われ、新しいエンブレムが提示されました。自動車の巨人の新しい外部の化身は、更新された形状を受け取りました-今、翼は上向きに向けられました。様式化された王冠は、構成の中央に配置されました。古典的な紋章は、下の盾の画像によって補完され、同社が製造した車両の快適性と安全性に消費者の注意を向けました。

    1948年 – 1957年

    キャデラック自動車会社の戦後のロゴは、会社の車の現代の所有者に馴染みのある形です。対称的なV字型のシンボルと同じ署名アクセサリー-クラウン。ロゴの色は変わっていませんが、チェックマークは、鉄の馬に技術的な輝きと視覚的な威信を与えるために、車の所有者によって必然的に磨かれました。

    1957年 – 1963年

    前世紀の半ばは、多くの自動車産業の巨人が形成された時期です。日欧メーカーとの熾烈な競争の中で、ブランドのアメリカ的要素を強調し、クラシックなアウトラインを復活させ、新しいディテールで補完することが決定されました。たとえば、Vの形のシンボルはすでに認識可能になっています。何百万もの消費者に。紋章の幅が長くなり、クラシックなクラウンがオリジナルロゴのグラフィックアクセントになりました。

    1963 – 2000

    キャデラックのロゴの最も有名な形は1963年に作成され、40年以上にわたって会社の主要なコーポレートアイデンティティとして存在してきました。クラシックな会社のロゴは、シルバーの花輪で縁取られたカラフルなクラシックな紋章です。紋章は黄色、青、フクシアに白と黒のディテールで描かれ、ロゴに非常にクリエイティブでモダンな外観を与え、多くの競合他社から際立っていました。

    2000 – 2014

    世紀の変わり目に、ロゴは技術的発見の時代の新しいトレンドを反映するために非常に詳細で様式化されました。デザイナーは、紋章の古典的な輪郭と前世紀の初めの形を紹介し、追加の詳細の金属光沢でそれを補完しました-これは紋章に現代的な外観と進歩的な輪郭を与えました。車のブランドのエリートセグメントは、ラインの厳しさによって強調されました。

    2014 – 現在

    2014年、同社はロゴから装飾要素を完全に削除することを決定しました。現在、同社の視覚スタイルの主なアクセントは、ブランドの見栄えを強調する、エレガントなイタリック体を備えた現代版の紋章でした。滑らかで洗練されたレタリングのラインは、厳格な紋章のバランスをとっています。

    キャデラックのロゴは、現代のプレミアムカー市場で最も明るく、最も記憶に残るものの1つです。このブランドは、前世紀の初めに会社のコーポレートアイデンティティの基礎として選択された色を引き続き使用しており、紋章は100年以上にわたってブランドの古典的な商標となっています。稜線の太さの変化はモザイクを彷彿とさせ、ブランドの伝統と最も有名な自動車会社の1つになった歴史を証明しています。

    エンブレムのフォントと色

    キャデラック社のエンブレムは、中世にまでさかのぼる歴史を持つフランスの紋章の古典的な輪郭を組み合わせたものです。主な色は青、黄、フクシアで、自動車メーカーの特徴のひとつです。特定のバーガンディ色は、ブランドの製品の見栄えを象徴しています。紋章の初版の黄色は、車がプレミアムクラスに属していることを意味していました。青は、他のほとんどのロゴと同様に、会社の真剣さを表しています。

    当初、世界標準の碑文のフォントは、当時の多くのブランドブックと同様に手書きで書かれていました。時間の経過とともに、手書きの碑文は保存され、文字の輪郭の一部のみが変更されました。最新版に登場した「キャデラック」の刻印は、創業者の手書きを繰り返した会社の企業フォントで作られています。