バドワイザーのロゴ

    バドワイザーは、米国で最初の全国的なビールブランドです。 1876年に登場し、もともとはアンハイザーブッシュ醸造所が所有していました。 2008年以来、その親会社はAnheuser-Busch InBev SA / NVの一部門となっています。

    意味と歴史

    このブランドは、積極的なマーケティングキャンペーンのおかげで、一世紀前から人気を博しています。彼女の広告の成功の背後にある要因の1つは、消費者の信頼を獲得した成功した視覚的に魅力的なロゴでした。何年にもわたって、それは少なくとも15の変更を受けました。しかし、設計は一貫していました。連続する各オプションは、前のオプションと多少似ていました。これにより、商標が頻繁に変更されるにもかかわらず、ブランドを認識できるようになりました。

    1876年 – 1942年

    デビューロゴは、情報ラベルや配布物に似ています。視覚的に魅力的な多くの碑文と細部があります。しかし、テキストは手作業で作成されているため、読みにくいです。中央部分が最も際立っています。ダイヤモンドの細長い楕円形で、赤の3文字の「C」が付いています。以下は、メーカーに関する基本情報が記載された長方形の名刺です。花柄で縁取られています。

    1910年 – 1945年

    実際、このブランドには、独立したロゴではなく、新しい名刺があります。製品とその製造元に関する最大の情報が含まれています。前と同じように、テキストは斜体で、手書きで、まとまりがあり、明るい背景に配置されています。以前のバージョンとは異なり、フレームはなく、下部の左右のカーリーコーナーのみです。 「本物」と「ビールの王様」というテキストのバランスをとるブロック文字もあります。その上にはグラフィック部分があります。鋭い端、中央に円、耳、葉、花輪、および略語「AB」(「Anheuser-Busch」の名前から)が付いたテープです。背景は赤に着色されています。

    1945 – 1987

    デザイナーは長方形を拡大し、水平ではなく垂直に配置して、名刺のように見せないようにしました。彼らは、製品とその製造場所に関する情報をテキスト部分に追加しました。一部の場所では、開発者が書体を変更したため、現在は5つのフレーバーになっています。作者は上部ゾーンの要素を同じままにして、よりコンパクトで視覚的にきれいにしました。そのおかげで、装飾が施された企業の丸い看板と中央の略語「AB」がはっきりと目立ちます。

    1952年 – 1957年

    1952年、バドワイザーは丸みを帯びたエッジと幅の広い黒い輪郭の三角形のロゴを採用しました。中にはブランド名とモットー「KingofBeers」がありました。それらは、アンハイザー・ブッシュのブランドシンボルである「A」の文字のワシによって補完されました。背景色は赤で、グラデーションは白です。

    1957年 – 1961年

    同社は11年間、黒いフレームの長方形のエンブレムを使用してきました。 1957年版では、この図は蝶ネクタイの形で接続された2つの逆三角形の形で最初に登場しました。

    1961年 – 1963年

    蝶ネクタイのロゴの形は1961年の商標にもありますが、今回は「King of Beers」のスローガンを削除し、5つの尖った楕円で背景を飾りました。

    1963年 – 1968年

    1963年版のエンブレムでは、デザインが全然違います。有名な「蝶」はなく、「バドワイザー」という言葉しかありません。文字ごとに色が異なります。パレットには、赤、青、緑が含まれています。

    1968 – 1987

    1968年に、ブランドはその商標を2つの逆三角形にしました。これは、前の年のロゴに見られます。同時に、ビールのブランド名にも注目が集まった。 1987年に小さな変更が行われました。幾何学的図形の形状が変更され、フォントが斜体になりました。

    1987 – 1994

    このバージョンは、1957年のロゴを様式化したものです。デザイナーは不要な詳細をすべて削除し、ロゴを可能な限りシンプルにしました。それは、2つの接続された三角形とその上に白い碑文の形で赤い幾何学的図形のみを示しています。印刷された文字、小文字、わずかな傾斜。右側には、斜角が配置された細い黒のストライプの形の影があり、ロゴを立体的にしています。

    1994 – 1999

    開発者は、ロゴと「バドワイザー」という単語の傾斜を減らし、影を取り除き、文字を拡張し、「ビールビール」というフレーズを追加しました。幾何学的形状は同じままです。

    1996 – 1999

    エンブレムは、水平に配置された細長い形状の複数構造の図を表しています。ブランド名は白で書かれています。以下は「クラシックアメリカンラガー」というフレーズです。上-飾りとお守りが付いた円の形をした企業の看板。エンブレムはまた、いくつかのマルチカラーのラインと3D効果を備えています。

    1999 – 2011

    経営陣は、幾何学的図形の境界を超えるイタリック体のテキストが付いた蝶の形のエンブレムを承認しました。標識の端に沿って2本の細い線が走っていて、その上に5つの尖った王冠があります。メインの背景色は赤で、黒へのグラデーション遷移があります(コーナー)。

    2011 – 2016

    ロゴは、平面上に小さな広がり、パステルパレット、および追加のエッジングラインを受け取りました。また、右側に影が現れ、エンブレムが再び立体的になりました。

    2016 – 現在

    現在、最も簡潔なバージョンが使用されています。斜めの幾何学的な蝶の形と「バドワイザー」という言葉だけで構成されています。

    エンブレムのフォントと色

    ロゴは飛躍的に変化しました。数年連続で長方形であり、時には複雑な構成であるか、蝶の形をしていました。最初は、アンハイザー・ブッシュ醸造所の特徴的なサイン、つまり複数の構造の装飾と略語「AB」が付いた丸いバッジが必然的に存在していました。ブランド変更後、親会社の略称はなくなり、ビールの品種名のみが残り、ブランド化された。徐々に、エンブレムは複雑なものから単純なものに変化し、白いイタリックの文字が付いた赤い蝶に単純化されました。

    Michael Hagemannは、バドワイザーのレタリングスタイルを特別に設計しました。彼はフォントBrewmasterをベースとして使用しました。その言葉は手書きで、まとまりがあり、わずかに傾いていることがわかりました。ビールブランドは、ロゴに刻んだフォントを使用することもありました。色の範囲は標準です。現在は赤と白で構成されており、以前は金、青、黒も含まれていました。