ボッシュ・ロゴ

    ボッシュは、業務用および家庭用電気製品の製造における世界的リーダーの1つです。これは、1886年に設立された同名の会社Robert Bosch GmbHの構造の一部であり、4つの部門の1つです。本社はドイツのゲルリンゲンにあります。

    意味と歴史

    比類のない製品品質で知られるこのブランドは、高い評価を得ています。今日、そのエンブレムは世界中で簡単に認識できます。ボッシュのロゴが付いた製品は多くのバイヤーから信頼されているため、ブランド製品の需要は高くなっています。

    何年にもわたって、同社はその視覚的アイデンティティを数回変更しましたが、常にそのコンセプトの枠組み内にとどまっています:品質、明快さ、シンプルさ。最初のオプションは、企業の当初の範囲を反映していました。それは、磁気点火コイルを備えたデバイスの製造に特化していました。

    1900年 – 1907年

    技術巨人のデビューロゴは、商標が1899年にのみ正式に登録されたため、1900年に登場しました。エンブレムは、創設者のロバート・ボッシュの名前と名前で構成され、側面に2つのパターンがあります。フォントは細くてエレガントで、「R」(脚を伸ばしている)と「B」(内側のストロークが斜めになっている)に重点が置かれています。後半は、さまざまな方向に放電が発生する磁気ボビンとボルトのイメージで占められていました。

    1907 〜 1914

    これは、他のすべてのバリエーションの基礎となる新しいデザインを受け取ったため、ロゴの進化における重要な時期です。デザイナーはシンボルを視覚的に明るくしました。彼らは名前を切り捨て、「ボッシュ」だけを残しました。単語は幾何学的な先のとがった文字で幅の広いイタリックフォントで書かれ、左側の要素は半分に小さくされました。一方、電磁コイルは、それに焦点を当てて拡大されています。発信電流の放電は左右に向けられ、シミュレートされたケーブルが上部に表示されます。

    1914年 – 1925年

    1914年に再設計が行われ、ブランド名に根本的な影響を与えました。モダンでミニマリストな外観になっています。エンブレムは、クラシックなサンセリフ大文字フォントの5つの融合文字で構成されています。シンボルは太く、破線、灰色で、細い輪郭で輪郭が描かれています。グラフィック部分は簡略化されています。リングで囲まれた電磁要素のみが含まれています。

    1925年 – 1981年

    1925年に、開発者はモノクロを明るい赤で希釈したため、ロゴははるかに明るく、より関連性のあるものに見え始めました。その後の修正で継続されたのはこのパレットでした。中厚の緋色の大文字と左側の黒い輪郭マークが白い背景に対して効果的に目立ち、消費者の注目を集めています。

    1981 – 2001

    これらの年の間に設計を更新しても、大きな変更はありませんでした。以前のバージョンとの違いは、会社名のフォントと電磁コイルの線が太くなっていることだけです。また、赤色に強度を加えました。この形で、エンブレムは20年間存在しました。

    2001 – 2018

    新しいミレニアムへの移行には、最新バージョンが必要でした。そのため、デザイナーは「メタリック」なデザインを使用した立体ロゴを提案しました。彼らはグラフィックをシルバーグレーにし、レタリングに明るさを加え、サイズを大きくしました。

    2018 – 現在

    17年後、ボッシュは視覚的な識別を再び簡素化することを決定したため、古い2Dロゴを返しました。同時に、彼女はテクニックとのつながりを強調するために灰色のパレットを保持しました。このようにして、ダークアッシュの磁気コイルが円形に現れました。レタリングは同じままです。エッジが滑らかにカットされた、シンプルで滑らかな大文字です。

    エンブレムのフォントと色

    電気製品のリーダーの現在のロゴは、ブランドの力と伝統を反映しており、親会社の進歩と成長を示しています。厳粛でシンプルなラインは、彼の直接性とアクセスしやすさを伝えています。明るい色は製品が与えるエネルギーを体現し、灰色はプロ意識、実用性、信頼性を象徴しています。

    同社には、BoschFamilyのコーポレートフォントが特別に作成された独自のブランドブックがあります。ボッシュは、2つのグロテスクのフォントペアを使用しています。ロゴには太くて重い文字、スローガンには薄くて薄い文字です。