ボリンジャー・ロゴ

    ボランジェは、歴史的なシャンパーニュ地方のスパークリングワインの特権的な生産者です。 1829年にビルモント家とボリンジャー家の代表が独自のワイナリーを設立したときに登場しました。彼は1884年と1950年の2回王室御用達を受け取りました。1973年に彼はエージェント007のお気に入りの飲み物として言及されたジェームズボンドに関するアクション映画のおかげで有名になりました。

    意味と歴史

    1829年に、会社の創設者は、ラベルが「Villermont」ではなく「Bollinger」と言うことを満場一致で決定しました。その結果、この名前はブランド名にも使用されるようになりました。現在のロゴでは、美しくデザインされた形の盾の内側にあります。また、メーカーに関する基本情報「Maison Fondee en 1829AyFrance」も含まれています。数字の「8」と「9」は下に突き出ており、エンブレムに特別な風味と認識性を与えています。

    エリートスパークリングワインの自社生産の開始は、蒸留所の所有者に絶妙なエンブレムを要求しました。伝説になる運命にあった黄金の飲み物のすべてのボトルはこれを要求しました。さらに、シャンパンの成功は、視覚的な情報が宣伝するもののレベルに対応している必要があるため、ラベルのメリットでもあります。そのため、ロゴには特別な注意が払われ、製品のデビュー時に、それはすでにボトルに誇らしげに誇示されていました。つまり、このブランドの製品であるスパークリングボランジェの最初のバッチとほぼ同時にロゴが表示されました。

    エンブレムの碑文は、3行に配置された3つの断片で構成されています。上には製品の種類と植物の場所(シャンパン)が書かれ、真ん中にはブランドの名前(ボランジェ)、下にはその設立の歴史的な日付(Maison fondee en 1829)が書かれています。最大のテキストは中央の太字、中サイズは上太字、小さいテキストは下の太字です。黒の大文字は白の背景に対して等間隔に配置されているため、効果的でわかりやすく見えます。メインの碑文にはセリフがありますが、残りはありません。

    アイコンは、形をした盾の形で作られています。そのエッジに沿って、さまざまなタイプのいくつかの線に縁取りがあります。幅が広く、細く、点線が1つあります。それらはロゴの構成を完全に繰り返します。中央には四角いラベルと同じ情報がありますが、「シャンパン」という言葉が「AYFRANCE」という言葉に置き換えられています。この場合、年が最大になります。一番下には五芒星があります。

    エンブレムのフォントと色

    フォントはクラシックに近いです。文字はきちんとしていて、薄く、サンセリフです。会社の名前と「メゾンフォンディー」というフレーズがアーチの形で描かれています。淡い黒の盾は、幅の広いものと狭いものの両方の多くの金色の線に囲まれています。下隅に五芒星があります。

    ロゴには、「シャンパンボランジェ」というテキスト記号も含まれています。彼女は盾から連れ出されます。最初の単語は単純なみじん切りタイプです。 2つ目は、太字のセリフ文字で構成されています。すべての要素はモノクロカラーでデザインされています。一般的に、デザインは会社の伝統とスパークリングワインの特別なステータスを反映しています。

    ロゴパレットには、ブラック、ゴールド、グレー、ダークブラウンの4つの基本色が含まれています。最初の2つは個人のシャンパンバッジで使用され、次の2つはラベルの碑文で使用されます。