Bitcoinロゴ

    ビットコインは、ピアツーピア決済システムであり、その仮想決済ユニットでもあります。それらは2009年に日本で登場し、中本聡によってゼロから作成されました。

    意味と歴史

    他の暗号通貨と比較して、ビットコインは最も需要が高く、普及しています。現在、Unicode標準には独自の番号で含まれており、テキスト(システム名)とグラフィック(BTCシンボル)の2つの部分で構成される元のロゴに含まれています。

    しかし、彼らが本物のエンブレムの基礎になる前に、彼らは別々にいくつかの修正を経ました。たとえば、最初は、勘定科目の単位の指定はタイバーツに似ていました。大文字の「B」は、縦に1本の線で消されています。しかし、時間が経つにつれて、コミュニティがそれが安定した信頼できる暗号通貨であることに気付いたとき、その記号は2本の垂直線を持つ「B」のように見え始めました-ドルのように。また、「ビットコイン」の略語である「BC」という文字だけが使用されていました。

    エンブレムのフォントと色

    プロジェクトが人気を博し、成功し始めたとき、独自のシンボルの必要性はより深刻になりました。さらに、仮想の競合システムのいずれにも類似していないものを描く必要がありました。その時、中本聡がロゴの最初のバージョンを世界に発表しました。 2010年2月、彼はBitcoinTalkで開発を公開し、1ビットコインが1億サトシに相当することを提案しました。次に、フォーラムの訪問者はこれについての彼らの仮定を表明しました。

    その結果、議論の参加者は集合的な意見に達しました。マークは、詐欺師がそれをコピーして複製することを許可しない特定の基準を満たさなければなりません。当初、BTCエンブレムの基本構造は、長方形、小さな円、曲線の3つの要素で構成されていました。その後、中本は2つの垂直ストローク(上下にダッシュ)を追加して公式シンボルを修正しました。現在のバージョンはBitboyによって作成されました。

    ブロック「B」の番号記号は8の字です。大文字の上部と下部にある1対の線は、ドルに関連付ける必要があります。しかし、よく見ると、バッジのストロークが不完全で、ドルのストロークとは異なることがわかります。これにより、グラフィックは「B」が「$」に重ねられて重なっているように見えます。この手法には特別な解釈があります。古い通貨に取って代わり、新しい通貨であるビットコインに置き換える時が来ました。

    本文部の「ビットコイン」の刻印は斜めで、小文字で表記されています。ヘッドセットは滑らかで、セリフはありません。記号「i」は「t」と同じ高さで、水平ストロークの半分がカットされています。上部の「b」と「t」は左に斜めにカットされ、尖った端は右側にあります。 BTCの特徴的なマークをUnicodeシステムに組み込む最初の試みは失敗しました。しかし、2015年の終わりに、ビットコインは正式に登録され、そのシンボルを受け取りました。

    暗号通貨パレットは、いくつかの色の組み合わせで構成されています。碑文は白または灰色で、仮想アカウントユニットの指定は白のみ、コインはオレンジ、背景は黒または白で描くことができます。黄色とオレンジの範囲は、金の輝きに関連しているため、自然に知覚されます。