Behanceロゴ

    Behance (Creative Cloud) ロゴ

    Behanceは、1,000万人以上のユーザーを抱えるデザイナー向けのアメリカのクリエイティブソーシャルメディアプラットフォームです。彼女は、2009年、2011年、2017年に、ベストポートフォリオプラットフォーム、お気に入りのサービス、ベストカルチャーブログ、およびベストコミュニティでいくつかのウェビー賞を受賞しています。このリソースは2005年秋に開始されました。その開発者と元所有者はScottBelskyとMatiasCoreaです。現在、このサービスはアドビシステムの構造の一部です。

    意味と歴史

    Behanceロゴの歴史

    Behanceとは何ですか?

    Behanceは、個人のポートフォリオ機能とデザイナーのコミュニティを備えたクリエイティブなWebプラットフォームです。これは、コミュニケーションと個々の作品の公開、および他のユーザーによるコメントと評価を目的としています。インターネットプラットフォームは、ScottBelskyとMatiasCoreaによって2005年に立ち上げられました。現在、このサービスはプロファイル会社のAdobeSystemsに属しています。

    このサイトの活動の出現後、売上高に依存しました。最初に、彼らは求人情報とバナーを販売し、次にニューヨークでの彼の年次99U会議のチケットを販売していました。

    次に、作成者は、他のユーザー(プロジェクト)の作業を評価してコメントするオプションを導入することにより、クリエイティブプラットフォームの機能を改善しました。これで、登録済みの訪問者と未登録の訪問者の両方が実行できます。コミュニティのメンバーは、興味のあるプロファイルを購読する機会を得て、誰でもそれらを開くことができます。

    デザインWebサービスの創設者自身が指摘しているように、彼らは一種のオンラインポートフォリオを作成しました。プロジェクトは構造化されたアートショーケースの形で提示され、同様のプラットフォームであるDeviantArtやSaatchiArtとは異なります。彼は2012年の春に最初の外部資金を受け取り、同じ年の冬にアドビは彼を真剣に検討して引き継ぎ、1億5000万ドルで購入しました。

    サイトの作業の新しい段階ごとに、ロゴの再設計が行われました。全部で3つあります。 Behance IDの重要な要素は、そのフルネームと省略名です。最初のバージョンはテキストで、2番目以降のバージョンはグラフィックです。口頭での指定がまだ使用されているという事実にもかかわらず、それは視覚的アイデンティティの独立したコンポーネントとしても機能するアイコンを補完しません。

    2005年〜現在

    Bēhance(ウェブサイトとして) ロゴ 2005年~現在

    これは、Webサイトが立ち上げられた年に登録された最初のロゴです。サイトヘッダーの左上隅に配置され、形状と色の両方で元の外観を保持します。これにより、サービスが即座に認識されます。ロゴは、完全な読みやすさを備えた厳格なグロテスクで作られた名前で構成されています。グラフィック部分がないため、普遍的で実質的に非人格的です。

    このデザインは、オンラインデザインコミュニティがより専門的なエンブレムを持つべきであると信じているユーザーからの批判に繰り返し直面しています。しかし、それは大胆なHelveticaに他なりません。独創性を高めるために、開発者は「Behance」という単語にマクロンを追加しました。これは、まっすぐで幅の広いストリップの形の発音区別符号です。彼らはそれを最初の「e」の上に置きました。

    2012 – 2020

    Behanceロゴ 2012-2020

    2012年に、デザインコミュニティはアドビシステムの一部になりました。新しい所有者は口頭でのアイデンティティを保持しましたが、グラフィックアイコン(ウェブサイト名の最初の音節が付いた正方形)で補足しました。これは、黒の背景に2つの明るい青色の文字で構成されており、アイコンに鮮明なコントラストを追加します。そして、「Be」と同じキャッチーな色のフレームは、魔法の箱のように見えました。不思議なことに、使用されている記号のフォントはメインブロックの碑文とは異なります。文字は右側でわずかに平らになっています。この短縮により、開発者は文字を正方形に調和的に合わせることができました。

    2020年〜現在

    Behance (Creative Cloud) ロゴ 2020

    モダンなロゴはより滑らかです。角が削除され、残りのエッジが丸みを帯びています。塗装された青色と同様に、フレームは使用されなくなりました。デザイナーはフォントも再設計しました。Webリソースの名前のように、幅の狭いバージョンではなく、幅の広い文字を提供しました。これらすべてがエンブレムをシンプルでわかりやすくしました。しかし、白い文字と漆黒の背景の鋭い組み合わせは、それにいくらかの攻撃性を追加します。

    Behanceを購入した会社は、独自のスタイルに一致していたため、アイデンティティを変更しませんでした。アドビシステムズは、さまざまなメディアで使用されたときにリソースを示すアイコンを追加することに限定していました。同時に、Behanceデザインコミュニティの新しい所有者は、自分に近いデザインのアイコンを選択しました。フレームのある正方形の中央にある2文字の文字です。その後、彼はそれを少し改善し、個性的で簡潔にしました。

    エンブレムフォントと色

    メインのエンブレム(ウェブサイトの名前)は、最も一般的なフォントの1つであるHelveticaBoldを使用しています。このフォントファミリは、デザイナーのMaxMiedingerがEduardHoffmannと共同で設計した1957年から存在しています。これは、Linotypeによって最初にリリースされました。ワイド文字はセリフを含まず、「B」を除いて小文字です。小文字の「e」の上には発音区別符号、いわゆるマクロンがあります。それはレタリングをユニークにします。

    ロゴのカラーパレットは制限されており、最小限の色で構成されています。後のバージョンでは白と黒、初期のバージョンでは青と黒です(その後は無煙炭の色合いになりました)。