バスプロショップスロゴ

    バスプロショップスロゴ

    Bass Pro Shopsは、ジョニーモリスが所有する屋外、釣り、狩猟のプライベートストアです。これは、米国とカナダの200の貿易パビリオンによって代表され、年間最大2億人のバイヤーが訪れます。店舗は、木々や滝のある開放的な自然(Outdoor World)、前哨基地(Outpost)、湿地や川をモチーフにしたもの(StickMarshやWhiteRiver Outpost)からスポーツオプション(Sportsman’s Center)まで、5つのスタイルの特徴的なデザインを備えています。すべての店には巨大な水族館があり、その中で最も有名なWonders oftheWildはモリスの故郷にあります。アウトレットは、ホワイトリバーマリングループ(ボート)、オフショアアングラー(釣り用品)、レッドヘッド(衣類と備品)など、自社生産の商品を展示しています。帝国は約65億ドルの収入を生み出します。

    意味と歴史

    バスプロショップスのロゴの歴史

    バスプロショップスとは何ですか?

    個人所有のBPSDirect、L.L.C.が所有するアメリカの小売業者は、様式化されたパビリオンで販売される多種多様なアウトドア、ハンティング、フィッシング製品を提供しています。現在、約200の店舗があり、40,000人を雇用しています。同社の収益は65億ドルです。

    巨人の歴史は、父親の酒屋の地下にある小さな棚から始まりました。 21歳のとき、スポーツフィッシングが大好きだったジョニーモリスにとって、これは良い選択肢でした。大会への各旅行から、彼はつまらないものを持ってきて、誘惑して、地元の漁師にそれらを売りました。青年実業家は彼の利益をボートや設備を生産する企業の開業、そして観光施設や自然保護に向けました。したがって、最初の独立したBass Proストアはわずか9年後(1981年)に登場しました。それから徐々に大きなビジネスが成長し、産業、ショップ、カフェ、美術館で構成され、アメリカ人に野生生物を賞賛し、愛し、保護することを教えています。
    会社のロゴが4回変更されたという事実にもかかわらず、これらの変更は重要ではありませんでした。エンブレムの形と視覚的なサインは一定のままでした。カラー表示のみが改善されました。

    1971 – 1972

    バスプロショップスロゴ 1971-1972

    最初のロゴは、モリスがいくつかの棚を与えられた父親の店の地下にある「企業」の取引のためにデザインされました。エンブレムはとまり木を描いています-ビジネスマンが5年間専門的に狩りをしている魚です。アメリカでは、とまり木は低音と呼ばれています。そして、モリスが最初に販売したのはとまり木釣り用の商品でした。接頭辞Proは、プロスポーツフィッシング用の製品を示しています。

    その後の商品リストでは、とまり木イメージが大幅に拡大され、店舗名は変わりませんでした。

    ロゴはシンプルで簡潔でした。頭のエンブレムの黄色い丸の中に、言い換えれば、所有者の名前。下の中央には、湾曲した口の開いた魚の画像があります。彼女は茶色のブラウンダービー山高帽(モリスの父の酒屋に付けられた名前)を着ていました。山高帽の側面にはブラウンダービーという名前が書かれています。そして、大きな赤い文字で囲まれた円の下部には、

    assProShopsという名前があります。以下の小文字:スプリングフィールドの本社。

    ロゴは、会社が提供する商品の種類、場所、所有者の全体像を示しています。とまり木とアウトレットの名前には、よく考えられたアクセントが施されています。一般的に、エンブレムは漁師のメダルに似ていました。この関連性は、茶色の縁取りと魚のイメージによって強化されました。これは、バスアングラーズスポーツソサエティがスズキ釣りに使用したものに対応していました。

    1972 – 1977

    バスプロショップスロゴ 1972-1977

    釣りや狩猟用のアイテムは、父親の酒よりも人気がありました。彼らはまだ裏庭で売られていましたが、エンブレムに父親の店の名前はもう必要ありませんでした。そのため、ロゴは再設計されました。ブラウンダービーへの言及はそれから削除されました。

    一般的に、看板は伸びて楕円形になりました。スズキの画像が港側に移動され、魚がロゴの縁取りを曲線に置き換えました。メダリオンの中には、バスプロショップスストアの名前があり、特別なバッジが付いた登録済みの商標です。以下に、小さな活字で、スプリングフィールドの場所についての言及がありました。

    エンブレムは黒と白になり、黒のとまり木ファミリー(Micropterus salmoides)に属していたため、ロゴに描かれているとまり木の名前に近くなりました。さらに、店はまだ彼の父の店の影にあり、それは白黒の目盛りに非常に正確に反映されています。

    1977 – 1984

    バスプロショップスロゴ 1977-1984

    ビジネスマンは急いで取引ネットワークを拡大しませんでした。彼の努力は、他の人々の商品を売るだけでなく、彼自身の企業を組織することに向けられました。 1978年までに、トラッカーボートを建造する最初のヤードがオープンしました。さらに、モリスは最初の独立した店舗を開く準備をしていました。これらのプロモーションと積極的な開発のアイデアは、ロゴの更新に反映されています。彼女は明るい灰色の背景で彼女の色を赤に変えました。ボート製造会社が別の都市にあったため、エンブレムから本社の場所の言及が削除されました。

    ライトグレーとレッドは素晴らしいコントラストを生み出し、エネルギーと自信のアイデアを伝えました。

    1984 – 1998

    バスプロショップスロゴ 1984-1998

    1981年、スプリングフィールドに最初の本格的な店舗がオープンしました。アウトレットと企業が収入を生み出し始めるとすぐに、モリスは彼の主な使命である自然保護に資金を向けました。彼は土地を購入し、洞窟、博物館保護区、自然公園を備えたリゾート複合施設ビッグシダーロッジを組織しました。自然に近いという考えは、より自然な色を獲得した更新されたロゴに反映されています。

    とまり木は、ビジネスマンの店に陳列されているぬいぐるみの1つに似ています。それは緑、赤、黒、白で作られました(自然界では、魚は鱗の緑の色合いと側面の暗いパターンを持っています)。ロゴの背景は再び黄色に戻り、会社名は赤に戻りました。

    黄色は合衆国魚類野生生物局のエンブレムです。そして、赤は血の色であり、野生生物の問題への注意です。

    1998年-現在

    バスプロショップスロゴ 1998

    ビジネスマンは自然保護のために多くのお金を割り当て続け、彼の店からオアシス全体を作ります。それは訪問者に野生世界の動物の多様性と美しさを紹介します。彼の努力により、野生生物の最大の記念碑が開かれ、彼は環境団体に貢献しています。お店は機材を売るだけでなく、野生での滞在の授業も行っています。

    彼の活動の結果、モリスは1990年にルーズベルト保護賞を受賞しました。この認識はロゴに反映されています。彼はさらに自然になりました。最新のエンブレムは立体感があり、魚の色は生き物を彷彿とさせます。名前の文字にも影があり、ボリュームがあるようです。それらと黒い縁取りは鱗として様式化されています。碑文ととまり木が黄色の背景の上に上がっているようです。これは、会社の素晴らしさと成果を示しています。

    2017年、モリスは最大のライバルであるカベラスを買収しました。そして今日、それは釣りと狩猟のための最もユニークで本物の店です。彼は任務を遂行し続け、2019年にオーデュボンメダルを授与されました。

    エンブレムフォントと色

    長い間エンブレムの主な色:黄色、赤、緑。

    • 黄色-晴れた日、良い気分、咲く自然に関連しています。富と利益を予測します。
    • 赤-リーダーシップの色(アメリカで販売されているトラッカーボートNo. 1)、血、注意深く注意深い態度についての警告。
    • 緑-自然、池、魚、迷彩服の色。

    碑文のフォントは、セリフのAccia ModeratoBoldItalicでスタイリッシュです。