バックトゥザフューチャーロゴ

    バックトゥザフューチャーロゴ

    かつて1985年に最も売れた映画であったバック・トゥ・ザ・フューチャーは、現在、ビデオゲーム、コミック、おもちゃ、乗り物、アニメシリーズ、演劇ミュージカルを含むグローバルメディアフランチャイズです。同じ名前の三部作は、主にその革新的なアプローチのために、本当の文化的現象になりました。主人公は過去に罠にかけられ、印象的な特殊効果と珍しいプロットが批評家から高く評価されました。

    意味と歴史

    バック・トゥ・ザ・フューチャー ロゴの歴史

    バック・トゥ・ザ・フューチャーはボブ・ゲイルとロバート・ゼメキスによって作成されました。彼らは絶えず新しい映画のアイデアをさまざまな映画スタジオに売り込みましたが、それは40回以上拒否されました。結局、彼らはなんとか自分たちで主張し、1985年にはまだSFコメディが画面に出てきました。それは非常に成功したので、続編が必要でした。したがって、期待される収益をもたらさなかった2つの続編がありました。しかし、三部作が世界中で知られているグローバルフランチャイズを立ち上げたため、ポップカルチャーにも影響を与えました。

    バック・トゥ・ザ・フューチャーのメディア製品ラインは、共通のロゴを共有しています。それは最初の映画のポスターにあるものと同じように見えます:矢印の付いたオレンジとブルーのレタリングを上げました。続編のデカールも同様の構造ですが、部品番号が記載されています。

    1985年

    バック・トゥ・ザ・フューチャー ロゴ 1985

    1985年、タイムマシンで過去にさかのぼった高校生と風変わりな科学者の冒険についての伝説的な映画のデビュー。同時に、映画の名前を含むマルチパートのロゴが提示されました。最初の行には「BACK」という単語が含まれ、2番目の行には「TOTHE」(2行に分割)および「FUTURE」が含まれていました。

    デザインには直線的なグラデーションを使用しました。碑文の上下は赤オレンジ色で、中央は滑らかに黄色に変わりました。すべての要素は青い輪郭を持っていました。文字「C」と「K」、および「R」と「E」が端で結合されました。 「戻る」という言葉の右側には、左を指し、「K」の内側の切り欠きの形に一致する矢印がありました。彼女は破線のために変わったように見えた。

    1989年

    バック・トゥ・ザ・フューチャー ロゴ 1989

    三部作の第2部では、同様のロゴが作成されましたが、いくつか追加されています。最大の革新は、右下隅にあるローマ数字の「II」でした。追加の矢印がそれを指しており、その中に青い単語「PART」が書かれていました。青い輪郭が青に変わり、濃いオレンジが赤に変わり、黄色が冷たいレモンの色合いになりました。

    1990年

    バック・トゥ・ザ・フューチャー ロゴ 1990

    3番目の映画の特徴は2番目のロゴと実質的に違いはありませんでした。開発者は、「PART」の碑文を削除し、テキストの右側をわずかに持ち上げて、線の斜めの配置を実現しました。
    バック・トゥ・ザ・フューチャーのエンブレムのデザインは非常に象徴的です。 「BACK」という単語の文字は、左側にゆったりと配置されています。その横にある矢印は同じ方向を指しています。それどころか、「TO THE FUTURE」というフレーズは、2番目の矢印に従って、前方に引っ張られているかのように右に傾いています。破線は動きを表しています。シンプルなグラフィック技術の助けを借りて、ロゴの作成者はダイナミクスを示し、三部作の意味を表現しました。

    エンブレムフォントと色

    Cyril Bourreauは、「落ちてくる」文字を使った大胆なサンセリフ文字であるレタリングに基づいて、バック・トゥ・ザ・フューチャーの書体をデザインしました。 2002年に導入されました。三部作の3つのエンブレムすべての配色はわずかに異なります。最初のフィルムのパレットが赤オレンジと青の組み合わせに基づいている場合、それ以外の場合は、濃い赤(ほぼバーガンディ)、淡い黄色、青の組み合わせが表示されます。