アウディロゴ

    アウディは伝説的なドイツの自動車メーカーです。同社は1909年に設立されました。本社はインゴルシュタットにあります。 1932年に、大きな変化が起こりました。同社は自動車関連のAutoUnionGmbHの一部になりました。

    意味と歴史

    今日、アウディはフォルクスワーゲンAGの独立部門です。 製造工場はすべての大陸にあります。工場では、クロスオーバー、コンバーチブル、ミディアム、エグゼクティブ、ビジネスクラスの車を生産しています。アウディのロゴは頻繁に変更されています。それがどうだったか、あなたは今わかるでしょう。

    1909年(発売前)

    最初のアウディのロゴは1909年に登場しました。発売前のロゴは、AugustHorchによって作成された会社の名前に直接関連していました。ドイツ語から翻訳された、会社の創設者の名前は「聞く」を意味します。 August Horchのビジネスパートナーは、元のバージョン、つまり名前をラテン語に翻訳したものを提案しました。命令法では、アウディは聞くことを意味します。この名前は、ロゴの最初のバージョンに反映されました。これは美しい斜めのレタリングです。エンブレムはダークグレーで作られています。余計なものは何もありません。

    1909年

    1909年に、根本的に新しいソリューションが開発されました。自動車会社の登録後、厳格な白黒色でデザインされたロゴが登場しました。エンブレムはいくつかの象徴的な要素で構成されていました。それは黒い三角形で、その中に会社の名前が白で実行されています。三角形の上部には半球と単位があります。会社の創設者はこれで何を言いたかったのですか?アウディ車が市場の最前線にいるという事実。

    1909年 – 1932年

    企業の活動のこの期間中、ロゴは実質的に変更されませんでした。以前のバージョンとの唯一の違いは、会社名が異なるフォントで書かれていることです。残りの要素は同じままです。 1位は表彰台に立つドイツ車です。それらは非の打ちどころのない品質と向上したレベルの快適さを兼ね備えています。

    1932 〜 1949

    1929年、世界経済危機が始まりました。一般的にお金が足りないため、アウディの車は実質的に購入されませんでした。 1932年、重要な出来事が起こりました。 Horch、Wanderer、DKW、Audiの4社が1つに統合されました。したがって、自動車の懸念Auto UnionAGが登場しました。古いロゴは無関係になりました。新しいバージョンが登場しました。ブランドのエンブレムが付いた4つのリングが相互に接続されています。このロゴは、4社の団結と組合の途方もない強さを象徴しています。

    1949 – 1969

    ドイツの懸念のこの活動期間の初めに、ロゴは大幅に変更されました。簡略化されました。パートナーのエンブレムはリングから削除されました。代わりに、真ん中のすべての円を横切る黒い長方形がロゴに表示されました。長方形の内側に碑文が作られました。これは懸念の名前です-黒の背景に白で発行されたアウトウニオン。したがって、会社の共同創設者は、彼らの組合の力を示したかったのです。

    1969年

    今年は、二輪車と自動車のメーカーであるNSU MotorenwerkeAGが懸念に加わりました。デザイナーは再びロゴを変更しました。接続されていた4つのリングが消えました。代わりに、大きな黒い長方形が表示されました。それは白いアウディNSUレタリングを持っていました。このロゴは長くは続かなかった。

    1969 – 1995

    これは自動車会社の発展の新しい時期です。 1965年、同社はフォルクスワーゲンの管理下に置かれました。それ以来、工場は古いアウディブランドで車を生産していました。古いロゴを変更する必要がありました。新しい決定は自信と強さを象徴していました。それは一緒に結合された4つのリングの形で提示されました。しかし、重要な変更もありました。リングの青い色、会社名の欠如です。
    この期間中に、別のユニークなロゴが開発されました。黒の横長の楕円形です。そのような幾何学的な形の中に、アウディの碑文が作られました。碑文はかなり変わった方法でデザインされています。そのような瞬間に注意が向けられます:非標準フォント、太字の白い文字、丸い文字d。

    1978 – 1995

    1978年に、車に気付かれないような印象的なロゴが開発されました。黒色が赤色に変わりました。古い白い文字が残っています。ロゴの注目すべき要素は、薄い白と赤の輪郭です。自動車関連の新しいロゴが遠くから見えました。白と赤は、勇気、活動、エネルギーに関連する伝統的な組み合わせです。これは、新しい成果を開発し、努力している企業にとって理想的なソリューションです。

    1995 – 2009

    1995年に、デザイナーは細部にまで考え抜かれた珍しいバージョンのロゴを開発しました。彼らは以前の2つのソリューションを組み合わせ、それらを簡素化しました。青い指輪の代わりに、立体的な銀の指輪が登場しました。それらの下にはアウディのレタリングがあります。注目を集める真っ赤な文字です。デザイナーは、薄い銀の指輪で巨大な碑文を試し、バランスを取りました。オリジナルのロゴは会社の共同創設者に好かれ、2009年まで存在していました。排他性と優雅さを調和させています。

    2009 – 2016

    2009年、デザイナーはロゴを少し変更することにしました。会社名は中央から左下に移動しました。碑文が減りました。シルバーリングが変更されました。それらのサイズも大きくなりました。銀の指輪が主役になりました。これらの要素は、有名な自動車関連の4人の創設者の破られない団結を象徴しています。

    2016 – 現在

    2016年、デザイナーはアウディのロゴを大幅に簡素化しました。 3D要素はなくなりました。繋がっている伝説の指輪の色が変わりました。今では銀ではなく黒です。追加の碑文はありません。自動車メーカーのオリジナルロゴはスタイリッシュで簡潔に見えます。

    2017年、ドイツの懸念が2つの新しいエンブレムの特許を取得したという情報がインターネットに表示されました。専門家は、これはアウディからの電気自動車と高級モデルの出現によるものだと推測しています。それらは、豪華さ、改善された技術的特徴、および独自性を特徴としています。ロゴの最初のバージョンは、互いに接続された2対の黒いハーフリングです。そして2番目のオプションは織りのないリングです。どちらの場合も、エンブレムは認識可能であり、アウディに関連付けられています。

    エンブレムのフォントと色

    自動車の主要な懸念事項のロゴは絶えず変化しています。フォントには、文字AとDに対して常に通常とは異なるスペルオプションがありました。

    配色も変わりました。最初は黒、白、青でしたが、次に赤が追加されました。 1995年に、デザイナーは新しいアイデアを導入しました-銀の金属リング。そのようなソリューションの助けを借りて、開発者は会社の信頼性と従業員のプロ意識を示しました。

    今日、アウディのロゴは黒です。互いに接続されたリングは、会社の豊かな歴史を反映しており、高品質に関連付けられています。車のラジエーターグリルのこのエンブレムは世界中で認められています!