進撃の巨人ロゴ

    進撃の巨人ロゴ

    Attack on Titanは、ダークファンタジーとポストアポカリプスをテーマとした日本の漫画シリーズです。原作・作画は諫山創さんです。コミックスは講談社の雑誌「別冊少年マガジン」に掲載された。2009年から2021年にかけて順次公開され、合計34基のタンコボンが使用されました。数話ずつの4シーズンからなるシリーズのため、2013年から始まったアニメ映画も並行して公開され、まだ完成していない。全体として、2019年末の発行部数はタンコボーン1億部を超えるなど、商業的にも空前の大成功を収めています。講談社漫画賞、ハーベイ賞、アッティリオ・ミケルッツィ賞など数々の栄誉ある賞を受賞し、世界で最も売れている漫画となった。2012年、「Attack on Titan」は、出版されたコミック本の中で最大のものとしてギネスワールドレコードに登録されました。

    意義と歴史

    進撃の巨人ロゴの歴史

    漫画の中の出来事は、人々が鬼の巨人である巨人から守るために三重の壁で囲まれた閉鎖的な都市に住んでいる宇宙で起こっています。自分の街を破壊し、母親を殺した人型巨人の抹殺を誓った青年エレン・イェーガーを中心に物語は展開する。講談社編集部によるコミックの定期的なチャプターが発表された。

    また、少し遅れて、4シーズンからなるアニメシリーズも登場した。そのうち3本はWit Studioから発売されました。第1弾は2013年に放送され、全25話を収録しています。第2弾は2017年に発売され、全12話が収録されています。3つ目は、2つのパートに分かれています。2018年は12話、2019年は10話登場。第4期はMAPPAが担当しています。2020年にはすでに16話をリリースしています。残りは2022年に発売予定です。構想によると、最終シリーズになるそうです。

    日本文化にインスパイアされた文学作品です。著者も認めているように、一人ひとりの内面的な体験を重要なテーマとし、それをエンターテインメント性のある楽しい形で表現している。エレン・イェーガーを中心に展開される物語の中で、主人公とその仲間たちは、自分自身や世界について多くの発見をする。エレン・イェーガーとその仲間たちを中心に、彼らが異民族に対して犯した罪のために、長い間追放された孤島で暮らしていることに気づくという筋書きだ。一般的に、漫画は先に進めば進むほど謎が深まるものです。その中で起こっている謎のエネルギーが、エンブレムに反映されているのです。

    2009年~現在

    Attack on Titan ロゴ 2009年~現在

    ロゴの基本要素は、マンガの名前です。当初は日本的な絵柄で、象形文字が描かれていました。それは、壊れた石壁のような構造で、かつて強大だった要塞の石組みの破片が飛び散ったようなものです。グレーカラーは、アッシュ、グラファイト、シルバー、メタリックと幅広く採用されています。また、局所的な斑点や細長い線のような深紅の斑点が、すべてのキャラクターを貫いています。その下に小さな文字で、コミックの英語タイトルが書かれています。古英語の白い小文字で書かれ、赤橙黄色の背景で、両端が細くなった長い帯のような形をしています。

    2014年~現在

    進撃の巨人ロゴ 2014

    2014年には、レタリングの翻訳を伴う英語でのロゴの翻案がありました。グレーに紫の斑点が入った花びらのような文字であることは変わらないが、確かに変更されていた。しかし、いくつかの変化はありました。例えば、下部の赤と黄のラインを取り除き、すべての要素のテクスチャーを滑らかにし、看板に暗いぼかしの影を加え、末端をシャープにするなどの工夫がなされています。漫画のタイトルは古英語の文字で書かれています。文字は背が高く伸びやかで、従来のセリフに代わってドラマチックなインデントが施されています。日本語の文字は本文の下にあります。今回は、小さく、以前ほどはっきりしない。

    ロゴのフォントとカラー

    テキストロゴとは別に、『進撃の巨人』のマンガにはグラフィックアイコンがあります。キャラクターから連想して、ナイフの刃のような羽を持つ2枚の翼を表現しています。左右で9個ずつあります。羽は分節化されており、下部の羽を除いて3つの分節から構成されている – それぞれ2つの分節しかない。右翼は白色で輪郭があり、左翼は青色でしっかりとした塗り分けがされています。その一部が重なり、白い縁取りのある五角形のグレーの盾で囲まれており、そのデザインは窓を模している。

    ロゴマークには、Linotextというフォントを採用しました。設計はモリス・フラー・ベントン。色調は控えめで、グレーのパレットで構成されています。灰、メタリック、グラファイト、ピューター、プラチナ、ジルコニウムが主体です。また、第1弾では、パープル、オレンジ、イエロー、レッドを採用しました。