エイティーズロゴ

    エイティーズロゴ

    Ateezは、8人組の男性音楽グループです。2018年にKQ Entertainmentによって結成され、すでにいくつかの栄誉ある賞を受賞し、2020年の第4世代リーダーとして認められています。2018年秋、『Treasure EP.1: All to Zero』と題した拡張プログラムを行い、同名のアルバムとなったボーイズ・バンドがデビューした。今や世界における韓国文化の代表格であるため、メディアはメンバーを世界的なアイドルと呼んでいる。2021年現在、すでに韓国語版コンピレーション6枚、フルアルバム1枚、日本版コンピレーション3枚を制作している。ゼロ:フィーバー編 1は音楽チームとして初めてガオン・アルバム・チャートでプラチナ・ステータスを獲得した。現在までにアルバムは100万枚を超えるセールスを記録している。韓国のソウルを中心に活動しているバンドです。

    意義と歴史

    ロゴマーク Ateez

    KQエンターテインメントは、マルチメディア会社の担当者がキム・ホンジュンの録音見本を検討した結果、別の青年団を結成する計画を立てていた。その青年は、彼らの最初のグループであるBlock Bに憧れ、彼らの練習生になりたいと書いてきた。彼の才能は独特で、経営陣は彼のために特別に音楽チームを編成し、金さんをリーダーにした。ユンホが加入するまでの半年間、唯一の代表として活躍した。その1年後、ミンギ(Maroo Entertainment出身)、ウヨン、ヨサン(Big Hit Entertainment出身)、ジョンホ(TOP Media出身)が入ってきた。そして、ソンファとサンが招待された。

    正式発足前は、KQ Fellazというボーイズバンド名でした。Ateezはその後、デビュー直前になった。グループを早く宣伝し、応援するために、主催者はまずYouTubeチャンネルに「KQ Fellaz Performance Video I」を投稿し、Famous DexのPick It Upに合わせてメンバー8人がダンスを披露しました。実は、これが彼らの音楽活動のスタートであり、まさに最初のお披露目だったのだ。

    その直後、「KQ Fellaz アメリカントレーニング」の発売前映像が初公開されました。若者たちがダンスの経験を積むために、カリフォルニア州ロサンゼルスに渡航するまでのストーリーが描かれていたのです。その後、9人目の候補としてイ・ジュニョンがいたが、メインロースターに入ることはなかった。旅の終わりに、彼らは1枚のフロムをレコーディングした。

    そして、3つのティーザーがセットになってプロジェクトが開始され、そのうちの2つ目で男性音楽グループの将来の名前が明らかになった。それがロゴのベースとなったのです。7月後半にMnetで行われた彼らの番組「Code Name Is Ateez」。10月にはデビューアルバムと『Treasure』『Pirate King』のミュージックビデオを発表した。そして、適切なプロモーション活動により、たちまち人気商品となったのです。

    パーソナル・アイデンティフィケーション・マークが名前で構成されているのは、情報性が高く、宣伝効果があり、よく覚えてもらえるからで、これはショービジネスにおいて極めて重要なことである。そこで、創業者たちは、視聴者にわかりやすい「Ateez」という言葉に落ち着きました。大文字のフォントで、サンセリフ体です。

    文字軸は平たく、滑らかに、斜めに、まるで斜体で書かれているような感じです。しかし、同時に、文字は印刷され、幅が広く、華美なデザインはなく、オーソドックスな印象です。オレンジ色だけが印象的です。上部には、幅広のストライプがあります。これも斜めに傾いていて、バンドの誠実さ、折れない心を表しています。つまり、ボーイズバンド全体が、聴く人に喜びやポジティブで生き生きとした印象を与え、しかも首尾一貫して、一気呵成に。

    ロゴのフォントとカラー

    使用されているフォントは「Akira Expanded」で、幅が広く、滑らかで幾何学的な形をしています。各レタリングの外側と内側の角はクリアになっています。企業のパレットが単調である。オレンジ(文字、ストライプ)と白(背景)の組み合わせで構成されています。白黒バージョンが使われることもあります。