朝日ロゴ

    朝日ロゴ

    アサヒビール株式会社は、日本の酒類メーカーです。この会社の最初の醸造所(大阪ビール)は1889年にオープンしました。朝日ブランドが登場したのは、明治の改革期が続いた1892年のことです。

    意味と歴史

    朝日エンブレム

    旭ボトルのラベルは、目立つデザインになっています。そして、ロゴに描かれているブランド名のおかげです。名前自体は日本人に由来し、「朝日」を意味します。ブランド名にネストされた意味は、さわやかで透明な飲み物のコンセプトに適合します。

    ユニークなワードマークは、著名なグラフィックデザイナーのブレットシファートによって開発されました。彼はロンドン芸術大学を卒業したフリーランスのスペシャリストです。 Bret Syfertは、珍しいデザインだけでなく、カスタムの朝日フォントも発明しました。フォント自体はゼロから発明され、デザイナーは他のフォントタイプに依存しませんでした。

    ロゴは会社の主要なアップデートの一部として変更され、広告キャンペーンやアルコール飲料の味にも影響を与えました。革命的なプロセスは、樋口氏の管理下にある中間管理職の責任でした。

    象徴

    朝日エンブレム

    フォントは独特の東洋の味を伝えます。文字は横に並んでいますが、斜めの線がたくさんあります。このため、文字が45度の角度になっているようです。

    ロゴのパレットは頻繁に変化し、飲み物の種類によって異なります。ラベルには、黒、白、黄、青、緑の「Asahi」の碑文が含まれています。彼らはもともと設計され、二重の輪郭で囲まれています。内側の輪郭は常に明るく、外側の輪郭はブランド名と同じ色です。クラシックバージョンでは、背景は白またはシルバーです。しかし、ボトルでは、背景は絶対に何でもかまいません。

    朝日記号

    エンブレムは、小麦の湾曲した耳の形をしたコーポレートシンボルによって補完されます。下部には、会社の正式名称(「Asahi Breweries Limited」)と広告スローガン(「The Aller For All Seasons」)があります。

    ブランド名に加え、辛口キャラクターが入ったレーベル。これは、「ドライ」(日本語では「からくち」)を意味し、ラベルの上部にも英語で書かれています。