Aquafreshロゴ

    アクアフレッシュは、オーラルケア製品の最大のメーカーの1つです。 1972年から存在し、インドの会社JHS SvendgaardLaboratoriesによって設立されました。このブランドは現在、GlaxoSmithKlineが所有しています。

    意味と歴史

    半世紀の間、商標は7つのロゴを変更し、8つ目は現在使用されています。最初のバージョンは、ブランドが立ち上げられてから1年後に承認されました。

    1973 – 1986

    デビューエンブレムは非常に簡潔です。それは、立体的な効果を与える影付きの白い文字「アクアフレッシュ」を含んでいます。文字「q」、「u」、「a」の上は、練り歯磨きの「レーン」です。ロゴの背景は灰色、細長い、長方形です。

    1986 – 1989

    1986年、レタリングの背景が白くなり、歯磨き粉がはっきりと見え、名前が青になりました。

    1989 – 1992

    この時、同社は「アクアフレッシュ」という言葉のエメラルドバージョンに切り替えました。歯磨き粉の綿棒を下に移動し、色に追加しました。それ以来、それは白赤青になっています。

    1992 – 1996

    デザイナーは碑文だけを残し、他のすべてを削除しました。青い文字は斜めに配置され、少し右に傾いています。

    1996 – 1998

    会社にはとてもカラフルな看板があります。文字は大きく、濃い青色で、右側に陰影が付いています。尻尾「q」から「r」と「e」の中間まで、3色の歯磨き粉があります。

    1998 – 2005

    文字の色は落ち着いていて、右側にわずかに傾いており、貼り付けストロークが文字「a」の脚に向かってシフトしています。

    2005 – 2012

    デザイナーはカラーパレットを柔らかくし、「フッ化物歯磨き粉」と「トリプルプロテクション」のスローガンを削除しました。

    2012 – 現在

    現在、「絞り出された」歯磨き粉とブランド名の比率が変更されました。グラフィックが碑文よりも優先されます。筆運びはグラデーションになり、大文字の「A」の横のハイライトから始まります。

    エンブレムのフォントと色

    商標の創設以来、ロゴのコンセプトは変わっていません。常に歯磨き粉と「アクアフレッシュ」という言葉が付いていました。

    碑文の主な書体は、イタリックの要素を持つサンセリフです。シグネチャーパレットは、白、青、赤の色合いの組み合わせです。