Apple TVロゴ

    Apple TVは、AppleIncが独占的に開発した同名のメディアプレーヤー向けのアプリケーションです。このソフトウェアを使用すると、オンラインで映画や番組を見ることができます。 Apple TVChannelsおよびiTunesStoreデジタルカタログからのコンテンツのストリーミングが可能です。 2019年に開始された新しいストリーミングサービスであるAppleTV +のサブスクリプションも利用できます。

    意味と歴史

    第一世代のマルチメディアプレーヤーAppleTVは、2006年に発表されました。開発者は、iPod、iMac、および同社の他の製品と同様に、iTVブランドに名前を付けることを計画しました。しかし、この名前はすでにテレビネットワークITVによって運ばれていたので、英国で採用されました。訴訟に時間を無駄にしないために、メーカーはメディアプレーヤーの名前を変更したため、新しい名前で販売されました。

    そして2016年には、tvOSとiOSオペレーティングシステムを搭載したデバイス向けに設計されたAppleTVアプリが米国で登場しました。古いビデオプログラムに取って代わりました。 2019年に、macOSプラットフォーム用のバージョンが作成されました。これはiTunesの代替です。

    同じ頃、Apple TV +サービスが開始されました。もともとは、Appleがオリジナルのテレビシリーズや映画をアップロードする場所として計画されていました。時が経つにつれ、経営幹部はこれでは不十分であることに気づき、ユーザーの注意を引くために人気のある映画スタジオから古いコンテンツを購入しました。

    Apple TV +とAppleTVは、同じテクノロジー企業の子会社です。それらは、マルチメディアプレーヤーと同じ名前のストリーミングサービスとの関係を表す同様のロゴを持っています。

    2007 – 2014

    2007年、AppleTVメディアプレーヤーの最初のモデルが棚に並びました。彼らの体には黒いかまれたリンゴ(メーカーの伝統的なシンボル)があり、その隣には太字の小文字の「tv」がありました。 「t」には左上隅がありませんでした。

    2014 – 2016

    2014年、デザイナーはフォントを変更し、文字のストロークを2倍細くしました。空いたスペースを埋めるために、彼らは水平の「t」ラインの右側を長くしました。

    2016 – 現在

    新しいAppleTVのシンボルは、第4世代のメディアプレーヤーの発売から1年後に登場しました。 2007バージョンと似ていますが、文字「t」の上端がまっすぐで、カットがない点が異なります。

    2019 – 現在

    2019年にデビューしたAppleTV +サービスのアイコンは、現在のAppleTVのロゴにほぼ似ています。刻印後のプラス(+)のみが異なります。

    エンブレムのフォントと色

    両方のブランドのアイデンティティは、AppleIncのコーポレートアイデンティティに基づいています。これは、物理学者のアイザックニュートンの頭に落ちるリンゴの画像に基づいています。これは洞察の象徴であり、突然の独創的なアイデアです。一方、リンゴはアダムとイブと関係があります。聖書の歴史の文脈では、それは何か新しいことの理解を意味します。中世の錬金術師はまた、カットのコアが神秘的な五芒星を思い出させたので、この果物を知識の具現化であると考えました。

    ストリーミングサービスとメディアプレーヤーの両方が、このエンブレムを親会社から継承しました。同じマークが他のすべてのAppleブランド製品で使用されています。

    リンゴの右側にある「テレビ」という言葉は、太字のサンフランシスココンパクトにあります。このフォントはAppleWatch専用に作成されているため、直線と対称性が特徴です。文字間の間隔は十分に広いです。セリフはなく、すべてのストロークはほぼ同じ太さです。 Apple TV +の場合、ラベルには+記号が追加されます。

    すべてのロゴの配色は最小限です。デザイナーは、白い背景に黒い要素を描いたモノクロのデザインを選びました。