Apple Payのロゴ

    Apple Payのロゴ

    Apple Payには、他の支払いシステムに比べていくつかの重要な利点があります。ワイヤレスデータ転送テクノロジーを使用して、商品やサービスの支払いを迅速かつ安全に行うことができます。チェックアウト段階でも使用されます。顧客は、AppleWatchスマートウォッチまたはTouchIDとFaceIDの生体識別サービスを使用してワンタッチで必要な情報を提供できます。モバイル決済サービスの主な欠点は、限られた人々だけが利用できることです。iPad、iPhone、その他のApple製品を持っている人だけが利用できます。

    意味と歴史

    Apple Payロゴの歴史

    Apple Payシステムは2014年に最初に登場しました。発売の準備は1年前に始まり、最も厳しい秘密が守られていました。プロジェクトに取り組んでいる銀行はその名前すら知らず、誰に属しているのかわかりませんでした。革新的なアイデアに着手する前に、Appleは必要となる可能性のある多くのスタートアップを買収し、非接触型決済に関連するいくつかのテクノロジーの特許を取得しました。最初のパートナーは、Visa、MasterCard、AmericanExpressでした。

    2019年9月、アメリカの企業が磁気テープ付きのカードは安全でないと宣言し、代わりのApplePayサービスを導入しました。 iPhone 6でデビューし、ある時点までは米国の地図しかサポートしていませんでした。時間の経過とともに、サービスは他の国にも拡大されました。

    この支払いシステムは、Appleに関係する他のすべてのものと同様に、一般的なブランディングルールの対象となります。そのロゴには、予想通り、かまれたリンゴを描いたアイコンが含まれています。右側は、厳密な黒のサンセリフフォントで書かれた「Pay」という単語です。したがって、画像は、判じ物の要素のように、サービスの名前の最初の単語を置き換えます。同社は、ApplePayの視覚的アイデンティティを新しい基準にするために1つの再設計を行いました。

    2014 – 2016

    Apple Payロゴ 2014-2016

    最初のロゴは、iPhone 6のプレゼンテーションに捧げられたイベントで発表されました。実際、ユーザーは新しいものを見ていませんでした。デザイナーは、象徴的なシンボルをリンゴの形で再現し、「Pay」という言葉と組み合わせました。リンゴはおなじみの食感でした。下部は、狭い面を下にして向けられた、2つの結合された卵形の楕円で構成されていました。左側には、咬傷部位をシミュレートした半円形のノッチがありました。上には、先のとがった楕円の形をしたシートが掛けられていました。それは45度の角度で傾けられ、空のスペースによってベースから分離されました。

    「Pay」という言葉には、開​​発者はフォントMyriadを選択しました。これは、同じ幅の細いストロークを持つ人間的なサンセリフです。最初の文字は大文字で、2番目と3番目は小文字でした。

    2016年〜現在

    Apple Payロゴ2016

    2016年、iOS10はサンフランシスコと呼ばれる新しいフォントを導入しました。これがApplePayロゴの更新の理由でした。しかし、その後のグローバルな変更はありませんでした。設計者は、碑文の変更のみに限定していました。彼らは、文字の大胆さを増すことによって、それをより明確で目に見えるようにしました。次に、かまれたリンゴの形をした象徴的なシンボルがわずかに縮小されました。現在、彼は支配的ではありませんが、「支払う」という言葉と同等です。

    黒い四角に白いアイコンもあります。店舗は3番目のオプションを使用します。これは、角が丸い黒い境界線のある白い長方形の標準エンブレムです。

    決済システムのロゴは、アップル製品の他の特徴的なマークと同じ原則に基づいて構築されています。左側に描かれているリンゴは、アダムとイブについての聖書の物語から知られており、知識の木から摘み取られた禁断の果実として解釈されました。また、物理学者のアイザックニュートンが新しい発見をしたとき、彼の頭にリンゴが落ちました。ですからそれは悟りの象徴でもあります錬金術師は人気のある果物の中で神秘的な第5の要素の擬人化を見て、その構造を知識を得るプロセスと比較しました。そして、人工知能の創設者であるアラン・マシソン・チューリングは、象徴的なリンゴに毒されました。

    エンブレムのフォントと色

    有名なアップルのアイコンの右側にある「ペイ」という言葉は、サンフランシスコの家族のフォントで書かれています。この書体は、以前はWatchKitフレームワークの一部でしたが、2014年にスピンオフされました。当初はAppleWatchの公式フォントとして使用されていましたが、その後、同社の他の製品に移行しました。文字にはセリフがなく、すべてのストロークは中程度の太さで、ほぼ同じ太さです。 「P」は大文字、「a」と「y」は小文字です。

    ブランディングガイドラインによると、ApplePayのロゴは白黒のみです。これは、碑文とグラフィックシンボルの両方に適用されます。他の配色は禁止されています。推奨される背景は白または明るい色合いです。