Apple Musicのロゴ

    Apple Musicは、iTunesStoreから有料コンテンツにアクセスできるメディアストリーミングサービスです。正式な登場日は2015年6月30日、つまりアプリケーションの最初のバージョンがリリースされた日と見なされます。ただし、音楽サービスの先駆者は、2014年1月21日に作成され、AppleがBeatsElectronicsと一緒に購入したBeatsMusicであることを覚えておく必要があります。

    意味と歴史

    AppleMusicとBeatsMusicには多くの共通点がありますが、曲の配信方法からサービスのリストまで、ロゴはまったく異なります。その伝統を変えないために、コンピューター、電話、オーディオプレーヤーのアメリカのメーカーは、有名な「かまれた」リンゴでその音楽サービスをマークしました。

    2014 – 2015

    BeatsMusicのロゴは2つの部分で構成されていました。グラフィカルコンポーネントは、Beats Electronicsのシンボルとまったく同じように見えました。白い「b」が付いた赤い円です。メディア起動ボタンに似た中央の「b」にある小さな三角形がオリジナルとは異なりました。

    色に関連するもう1つの変更:音楽サービスの場合、円は完全に赤ではなく、紫にスムーズに移行しました。ロゴの2番目の部分の「ビート」という単語にも同じ線形グラデーションが使用されました。それは「MUSIC」と一緒に書かれました:「beatsMUSIC」。

    2015 – 現在

    2015年、Beats Electronicsの新しい所有者であるAppleは、買収した会社の音楽サービスを廃止し、AppleMusicに置き換えました。同時に、1976年に登場したロゴにかまれたリンゴを置く機会を逃しませんでした。使用された白黒バージョンは1998年を参照しています。

    象徴的なシンボルの右側には、大文字で書かれた「MUSIC」という単語があります。高さはリンゴと一致し、葉が始まるのと同じレベルに達します。

    2019 – 現在

    2019年には、AppleMusicロゴの別のバージョンが登場しました。デザイナーはその中の碑文だけを変更しました:彼らは大文字で「M」を残し、他のすべての文字は小文字で作られました。更新後、「M」ははるかに高くなり、シートの中央に到達しました。

    エンブレムのフォントと色

    ロゴのリンゴは、中世の錬金術師、英国の物理学者アイザックニュートン、そして地球上で最初の人々であるアダムとイブに関連する知識と洞察の象徴として解釈されます。さらに、アラン・マチソン・チューリングが毒殺されたのはこの果物であり、それが人工知能の開発に影響を与えました。音楽サービスは、他のアップル製品と同じようにこのマークを継承しています。

    ロゴの右側にある「MUSIC」という言葉は、サンフランシスコのコンパクトフォントで書かれています。 WatchKitフレームワークから分離し、2014年に現在の名前になりました。サンフランシスコファ​​ミリーの他のフォントとは異なり、コンパクトバージョンはApple Watch専用に設計されているため、文字間隔がかなり広く、側面が平らです。シンボルにはセリフがなく、すべての線はほぼ同じ幅です。

    Beats Musicのロゴはカラフルでしたが、AppleMusicのロゴはミニマリズムに近いものです。デザイナーはモノクロパレットを使用し、メインカラーとして黒を選択し、ニュートラルな背景として白を選択しました。