アメリカン航空のロゴ

    アメリカン航空は最大の民間航空会社を持っており、世界最大の航空会社となっています。これには、1930年に合併した約80の小規模航空輸送企業が含まれます。最初はアメリカン航空と呼ばれていましたが、1934年以降はアメリカン航空に改名されました。

    意味と歴史

    当初、飛行機での飛行は特別なものと見なされ、AAロゴの付いたパイロットのユニフォームを着ることは特別な特権だったため、同社は独自の「魅力的な」イメージを作成しました。現在、航空会社はまったく異なる方法で認識されています。

    彼は、最近の破産、悪いレビュー、アメリカン航空のインターフェースを近代化したかったという理由だけで解雇されたWebデザイナーのスキャンダラスな話など、他の多くの問題から顧客の注意をそらすためにロゴを変更することを余儀なくされました。これを念頭に置いて、最新のブランド変更の主な目標は、動的な変更を紹介することでした。会社の所有者は、新しいロゴと再考された航空機の塗装で、最初からやり直すことを望んでいました。

    1934年 – 1945年

    1934年、アメリカン航空はその名前をアメリカン航空に変更しました。それにもかかわらず、彼女は1931年にデザインされた古いエンブレムを保持していました。それは、巨大なワシが立っている地球を描いた青い円です。鳥の隆起した翼の両側に「A」の文字がありました。1つは左に、2つ目は右にあります。背景には、それらの間に対角線が走っていました。ベゼルリング、ビーム、および両方の「A」が赤であるため、コントラストが不足していました。

    エンブレムの作者は、航空会社の従業員の1人であるGoodrichMurphyです。彼は自分で独創的なアイデアを思いついたが、スコットランドのホテルの小冊子にあるワシのイメージをスパイした。使用されている色の組み合わせは、米国旗への明らかな参照です。

    1945年 – 1962年

    1945年、デザイナーは文字とワシを除くすべての要素を削除しました。同時に、鳥が大きくなって右に曲がったため、ロゴはまったく新しいものに見えました。描画スタイルは同じですが、細部が変更されています。色は、プライマリとして青、背景として白で再設計されました。

    1962 – 1967

    1960年代初頭。エンブレムの開発者はデザインを再考し、赤、白、青の組み合わせという古典的な配色を復活させました。これを行うために、1934年から1945年のように、彼らは再びワシと文字を明るいリングで囲みました。もう1つの変更点は、略語の口頭での説明として鳥の下に表示された「AMERICAN」という碑文です。

    1967 – 2013

    1967年、マッシモヴィネッリは、マッシモヴィネッリに、航空機のロゴとカラーリングという新しい視覚的アイデンティティ要素の開発を依頼しました。それまで、旅客機の尾には大文字の「AA」が2つしかありませんでした。イタリア人デザイナーは、「V」字型の抽象的な十字形のワシでそれらを完成させました。彼はまた、「AmencanAirlines」という単語を組み合わせた航空輸送企業向けのテキストサインを作成しました。レタリングの左半分は赤で、右半分は青でした。シンプルなHelveticaフォントは、会社のプロ意識を強調しました。

    2013 – 現在

    2013年の初めに、デザイン会社FutureBrandは、アメリカン航空のイーグルを認識を超えて刷新しました。フライトシンボルとして知られる現代のグラフィックサインは、米国著作権局が登録のためのオリジナルでは不十分であると見なしたため、長い間パブリックドメインになっています。航空会社は2018年にその様式化された鳥の著作権を取得しただけです。

    開発者が直面しなければならなかったもう1つの課題は、企業の顧客と従業員によるブランディングの拒否でした。多くの論争のため、CEOのダグパーカーは2013年の終わりに、フライトシンボルと、新旧のエンブレムを組み合わせた乱雑なレトロなデザインのバージョンの2つのロゴを投票にかけました。当然、これら2つのオプションから選択すると、多くの人が最初のオプションに投票しました。これは航空会社の経営陣が望んでいたものです。

    エンブレムのフォントと色

    アメリカン航空のアイデンティティの主な要素は、米国の国家的シンボルであるワシです。これで、鳥は三角形の突起を持つ3色の斜めのストライプのように見え、飛行機の尾に非常に似た形になりました。 FutureBrandの代表者を信じるなら、この看板に「A」の文字と星が見えます。しかし、それらは抽象的すぎて明白ではありません。多くの人が、以前のバージョンのロゴの方がはるかに優れていると確信しています。同じ意見は、その作成者であるマッシモ・ヴィネッリによって共有されています。

    新しいグラフィックの左側には、アメリカン航空の名前があります。デザイナーは、1967年から2013年に使用されたHelveticaと非常によく似た、レタリングにサンセリフフォントを選択しました。

    ロゴの特徴は、米国旗に関連付けられた3色のパレットです。同時に、影とグラデーションがフライトシンボルに視覚的な奥行きを与えます。