オールマネーインロゴ

    オールマネーインロゴ

    All Money Inは、ラッパー、起業家、ソングライター、社会活動家であるErmias Joseph Asghedom(クリエイティブな別名Nipsey Hussle)が設立したアメリカのレコーディングスタジオです。2010年にそのコンセプトを実現した。12月に初の大型プロジェクト「The Marathon」がデビューしたのもその頃だ。

    意義と歴史

    ロゴ・オールマネー・イン

    1985年、カリフォルニア州クレンショー(ロサンゼルス)地区で生まれる。母親はアフリカ系アメリカ人で、父親はエリトリアからの移民。エルミアス・ジョセフは姉弟で育ち、地元のアレキサンダー・ハミルトン高校に通っていた。しかし、卒業はしなかった。14歳の時に家出をして、さらに大きなギャングの一部であるストリートギャング「ローリン60’sネイバーフッド・クリップス」に入ったからである。

    その1年後(2002年)、デクスター・ブラウンが主宰するデジタルゲリラ傘下のクリエイティブ・マルチメディア・ムーブメント、バタービジョンに参加しました。そこで、幼少の頃からの芸名を確立した。実は、ニプシー・ハッスルというニックネームは、昔、音楽界でベイビー・グーチと呼ばれる親友のドンテ・モンローがつけたものなのだ。この愛称は、有名なコメディアンであるニプシー・ラッセルと関係があります。同時にErmias Josephは、『Slauson Boy Volume 1』と題した初のミックステープの録音を完了した。

    19歳の時、兄と父と一緒に東アフリカに渡り、そこでしばらく過ごすことになる。父の故郷への旅は、若き日のアスヘドムに大きな印象を与えた。その後、彼は起業家精神にあふれた社会活動家となった。そして、彼の中には幼い頃から起業家精神が溢れていた。11歳の小学生だった彼は、靴磨き職人として、1日に100足ほど磨いては学校の服を買うという目標を掲げていた。ビジネスへの渇望は年々高まり、その後、弟と2人のビジネスパートナーとともに、マラソン・クロージングのショップを立ち上げたのである。

    エピックレコードを退社した歌手のニプシー・ハッスルは、お金に関する経験を反映させたレコーディングスタジオ「オール・マネー・イン」をオープンさせた。なぜなら、この名前は実は「All Money in, No Money Out」というモットーだからです。黒人居住区の住民に提供する経済的な自己実現というコンセプトだ。Ermias Joseph Asghedomは、減価する資産に支出することなく、起業家精神と富の蓄積を呼びかけました。スタジオが出現してからは、多くのアーティストとレコーディング契約を結び、金儲けに走った。その中には、Killa Twan、J Stone、Cuzzy Capone、Pacman Da Gunman、Cobby Supreme、BH. つまり、創業者が語るブランドのストーリーは、アイデンティティに反映されるお金の話なのです。2019年、ハスレは射殺された。

    オール・マネー・イン」の象徴は、金融という概念を明確に反映しています。ロゴを一目見れば、ドルのアイコンが描かれていることがわかります。しかし、それは直接的に表現されるのではなく、間接的に、つまりいくつかの要素を含む複合構造の形で表現されるのです。

    中央にはスタイライズされた文字 “S “が描かれています。大きく、広く、迷路のようでもあり、数字の「5」にも似ています。その上には、同じく幾何学的なスタイルで大文字の「A」が描かれています。まっすぐな2本の脚、細いバー、フラットな天板が特徴です。底面(バイス)には白い四角形が配置されています。上の文字と視覚的にダブルクロスを形成しており、ドルのイメージに典型的なものである。すべての要素は黒い背景に置かれ、白いリングに取り込まれ、さらにそのリングは大きな黒い正方形に埋め込まれています。

    ロゴのフォントとカラー

    ロゴに刻まれた文字はなく、使われている文字もグラフィックのディテールであるため、テキストとは関係がない。ロゴの配色はモノクロームで、黒と白の組み合わせで構成されています。