アレクサ・ロゴ

    Alexaは2014年にアメリカの会社Amazonによって開発されました。これは仮想アシスタントとして機能し、そのいわゆる「スキル」は情報の検索、アラームの設定、音楽の再生をはるかに超えています。これは、リモートコントロール用のスマートホームテクノロジーに統合されている新しい人工知能の例です。 Alexaには、電子レンジのオンから悪天候の警告まで、90,000を超える機能があります。

    意味と歴史

    Alexaの開発者が認めたように、彼らのプロジェクトは、SF映画とスタートレックシリーズから話すオンボードシステムEnterpriseを再現する試みです。さらに、Amazonの従業員は、技術的な要素だけに焦点を当てていませんでした。彼らはブランディングに多くの注意を払ったので、プログラムの両方のロゴ(古いものと新しいものの両方)には、企業フォントで書かれた名前が含まれています。

    「アレクサ」という言葉自体は、その音のために選ばれました-主に硬い子音「x」のためです。バーチャルアシスタントの作成者は、名前が口語表現になるはずだったため、口語でよく認識されることを望んでいました。さらに、Alexaは、何千もの有用な情報本が収集されているアレクサンドリア図書館を彷彿とさせます。

    2015 – 2017

    アマゾンが開発したバーチャルアシスタントがEchoスマートスピーカーと並んで登場しました。彼のワードマークは2つの部分で構成されていました。左側はAmazonSmileとして知られている親会社のロゴのように見えました。彼は「a」から「z」に向かっている矢印が本当に笑顔のように見えたので、このニックネームを付けました。このオリジナルの要素は、ターナーダックワースエージェンシーの仕事の結果です。それは文字通りに解釈されなければなりません:電子機器メーカーはすべての顧客の要求を処理します-「AからZまで」。

    右側には小文字の碑文「alexa」がありました。デザイナーは、直線の細いフォントを使用しました。文字は、明るい(上)から暗い(下)まで変化するいくつかの青の色合いで描かれていました。

    2017 – 現在

    2017年の再設計後、有名な矢印は消え、両方の単語のスペルは同じになりました。新しいバージョンのフォントは古いバージョンに基づいていますが、共通の文字のアウトラインしかありません。詳細は異なります。たとえば、ストロークの終わりに短い曲がりはなく、文字「e」の角は丸みを帯びています。レタリングは完全に灰色で、2つのカラーブロックに分割されなくなりました。左側には青いリングがあり、中に白いダイアログクラウドがあります。

    エンブレムのフォントと色

    Alexaグラフィックには2つの意味があります。まず、仮想アシスタントが音声コマンドに応答するため、ダイアログクラウドは音声制御機能を象徴します。次に、青いリングは、Echoスマートスピーカーの上端に沿って走る明るい装飾ストリップのように見えます。すべて一緒に認識可能なブランドアイデンティティを作成します。
    フォントを選択するとき、デザイナーは1つのルールに導かれました。それは、明確で、理解しやすく、シンプルで、読みやすいものでなければなりません。そのため、ロゴにはAmazon EmberDisplayと呼ばれる独自のグロテスクが採用されています。これは、Bookerly for Hintとともに、会社のメインフォントです。

    色は公式パレットに対応しています。背景には白(#FFFFFF)、レタリングにはイカ墨(#232F3E)、リング状のグラフィックシンボルにはアレクサブルー(#00CAFF)と呼ばれる個々の明るい青の色合いを使用しました。