アレッサンドロ・ロゴ

    アレッサンドロは、デュッセルドルフ市(ドイツ)の革新的な化粧品ブランドです。 Sylvia Troskaによって設立され、さまざまなジェル、ワニス、手、足、爪の製品を提供しています。同社はネイルアート分野への卓越した貢献により、ビューティーアワードを3回受賞しています。ロゴの背後にある主なインスピレーションは、ブランドの創設者です。

    意味と歴史

    化粧品ブランドのロゴは1989年に登場し、それ以来変わっていません。その任務は、会社が生産する製品の革新性、独占性、および卓越した品質を強調することです。さらに、ブランド名は作成者の主な要件を満たしています。このスローガンも芸術的に演じられています。

    エンブレムは、開いた尾と頭にミニチュアの王冠を持つ孔雀のイメージを示しています。その下の2行には、ドイツの会社のフルネームがあります。上部は「alessandro」、下部は「International」です。最初の碑文は明確で読みやすく、幅の広い文字で実行され、2番目の碑文は小さいです。

    エンブレムのフォントと色

    ロゴは、テキスト(名前)とグラフィック(孔雀)の2つの部分で構成されています。創設者は彼女の商標を指定するためにこの特定の鳥を選びました。それは装飾的なものであるため、色の明るさと独自性、そして作成された製品の独占性を強調しています。孔雀は輪郭で描かれています-暗い長方形の背景に白い線。その尾は13の広い羽で構成され、その頭には2つの歯を持つ小さな王冠があります。鳥の足は短い棒の形で描かれ、その上にアーチ型の線で着実に立っています。

    エンブレムは2種類のフォントを使用しています。上部の碑文は、丸い文字のなめらかな小文字タイプです。下部は、古典的な大文​​字で構成されています。エンブレムの色はモノクロで、黒と白の組み合わせで構成されています。