アラスカ航空のロゴ

    Alaska Air GroupInc。の一部であるAlaskaAirlines(ASA)は、約100の都市にサービスを提供しています。そのルートネットワークは、メキシコ、コスタリカ、カナダ、米国の4か国を同時にカバーしています。本社はシアトルの郊外にあり、中心的なハブの1つはシアトル-タコマ国際空港です。

    意味と歴史

    ASAは1932年の大恐慌の間に始まったと言えます。その後、インディアナ出身のLinious McGeeが、側面に「McGeeAirways」と書かれた小型の3人乗り航空機の操縦を開始しました。同じ年に、3人のシアトルパイロットがスターエアーサービスを開始するためにお金を借りました。両社が合併したとき、ギャンブルはさらに何かに成長しました。さらにいくつかの合併の結果、事業は拡大しました。アラスカ航空株式会社(この名前は1944年5月2日に採用されました)膨大な数のルートと近代的な航空輸送が登場しました。

    その後数年間で、航空会社は大幅に拡大し、世界で最も影響力のあるチャーターオペレーターを訪問することができました。しかし、彼女の財政状況は非常に不安定なままでした。状況は新しいリーダー、チャーリー・ウィリスによって救われました。生まれながらのマーケティング担当者として、彼はロゴとカラーリングに焦点を当て、ASAブランドの開発に注力しました。

    1966 – 1972

    1960年代半ば。使用されたロゴは、斜めの大文字で書かれたアラスカ航空の名前でした。書体の特徴は、丸みを帯びた形状と「A」の上部コーナーがないことでした。メインバージョンでは、白い碑文は赤い長方形にありましたが、実際にはすべてが少し異なって見えました。赤い単語「ALASKA」は、航空機のホワイトボード上の明るいスポットとして際立っていました。

    新しいデザインは、航空会社を世界中で有名にする広告プロジェクトの一部になりました。マーケティングキャンペーンの一環として、航空機の内部はベルベットの赤オレンジ色の壁紙で覆われ、ASAの全従業員はコサックのスーツを着ていました。乗客にはロシア料理が提供され、キャビアは銀製のトレイで行われ、ウォッカとお茶は金のサモワールで提供されました。

    1972 – 1990

    1972年、チャーリーウィリスはロンコスグレイブに置き換えられました。彼は、新しい顧客を引き付けるという経済的問題を解決するために、別の広告キャンペーンを開始しました。このように、「ALASKAAIRLINES」の刻印が2行に分かれた別のロゴが登場しました。このバージョンでは、フレーズにストレートサンセリフフォントが使用されていました。最初の「A」のみが大文字になりました。背景は青くなり、タイトルは白のままでした。

    主胴体の色はエンブレムのデザインと一致していました。航空輸送の船体は白で、ターコイズとブルーのストライプがありました。さらに、アーティストは航空機の尾部を珍しい装飾で飾りました。 1つ目は、アラスカの文化に特徴的なトーテムポールです。 2つ目は、国のクリタックに身を包んだエスキモーの顔です。 3番目は金鉱夫です。そして4つ目は、49の米国の州の歴史的遺産を彷彿とさせるロシア教会のドームです。

    1990 – 2014

    1990年に、ASAブランドの認識を変える別の再設計が行われました。 「ALASKAAIRLINES」というフレーズは、2行に分割されなくなり、長方形のない空白の白い背景になりました。ロゴの作者は、碑文に斜めのセリフフォントを選択しました。青いつららの文字は手書きの文字のように見えましたが、それはちょうどいい様式でした。

    2014 – 2016

    新しい顧客を引き付けるために、経営陣はロゴの変更を命じました。今では「アラスカ」という言葉がメインでした。デザイナーがそれを拡大して中央に配置しました。タイトルの後半は下部にあり、小さなブロック文字のサンセリフで構成されていました。

    2016 – 現在

    フォーカスグループのパイロットは、古いデザインを「クール」と「企業」と呼びました。これがフォント更新の理由の1つでした。 CEOのBradTildenが率いる航空会社は、この作業をHornallAndersonブランド会社に委託しました。改良されたロゴは、新しく塗装されたボーイング737-800に最初に導入されました。さらに、アラスカ航空の看板、ウェブサイト、販促資料にも掲載されています。

    エンブレムのフォントと色

    ワードマークは会社が成長するにつれて変化し、顧客はその進化と進歩的なソリューションへの欲求を見ることができます。これまでのところ、この戦略は、ASAの新しいビジョンを1人ずつ提案してきたすべての経営幹部によって継続されてきました。現在のブランドロゴは前のロゴよりも親しみやすいようです。鋭い線や鋭い角はありません。

    ホーナルアンダーソンの12か月間の継続的な運用により、アラスカ航空のアイデンティティが世界的に変化しました。イタリック体のフォントと「ALASKA」という単語の明確な線は、正確さと勤勉さを象徴しています。一方、特徴的な水平ストロークを持つ大文字の「A」は、過去のバージョンのテキスト記号を連想させます。

    「AIRLINES」という言葉は2014年から2016年と同じように見えますが、文字だけが大きくなり、わずかにずれています。レタリングの両方の部分はセリフではなく、青色になっています。選択された色合いのダークミッドナイトブルー(#00385F)は、航空会社の目的地の多くが位置する雪に覆われた太平洋北西部地域に関連付けられています。