アディダスロゴ

    アディダスロゴ

    アディダスはそのユニークなスポーツデザインで名声を博した国際的に有名な靴会社です。同社は1949年8月に登場しました。ヘルツォーゲンアウラッハ(ドイツ)の市にあり、アドルフダスラーによって設立されました。

    意味と歴史

    アディダスのロゴの進化

    シンボルのデザインに思慮深く哲学的なアプローチを好む他のグローバル企業とは異なり、アディダスの選択は非常に実用的であり、やや平凡です。事実は、彼が所有者の名前と姓の要約版であるAdi(Adolf)+ Das(sler)を基本として採用したことです。しかし、グラフィックイメージはまだ複雑で、年々繰り返し進化しています。

    1924 – 1949

    GebrüderDassler Schuhfabrik 1924-1949

    デビューエンブレムは、ブランド自体よりもはるかに早く誕生しました。シールドが含まれています。暗い背景に対して、カモメがくちばしに男性用のブーツをかぶっています。対照的な縁取りが主要な要素を囲んでいます。残りの部分はモノクロで作られています。テキストの一部(「ダスラー」という言葉)には、当時ドイツで人気のある構成主義フォントが使用されていました。 Futuraヘッドセットとバウハウス時代のグロテスクな実験的形状を反映しています。高さに不均一な分布があります。盾の上にあり、即興の王冠のように見えます。

    1949 – 1950

    アディダスのロゴ1949-1950

    会社の最初の公式ロゴは、言葉とグラフィックの詳細が調和した組み合わせで構成されています。中心の要素はスタッズ付きブーツです。小文字の「d」の延長脚で構成されるアメリカンフットボールのゴールポストの間にあります。その名は下にあり、当時は2つの拠点からなる「アディダス」のデビューが行われた。その下に、スポーツの方向性への最後のリンクが配置されています-統合された単語「Sportschuhe」。半円の上部には、会社の所有者の氏名が記載されています。

    1950 – 1971

    アディダスロゴ1950-1971

    1950年代に、同社はグラフィックコンポーネントから離れて、口頭のみに集中することを決定しました。重要な要素の役割として、彼女は前のバージョンで登場した元の名前を選択しました。シンプルなサンセリフフォントで作られています。太字の同じサイズの小文字。 「a」の脚は斜めにカットされており、上を向いています。

    1967 – 現在

    アディダスロゴ1967-今

    17年間存在していたロゴは新しいデザインを受け取りました。現在、背景は白になり、名前自体は黒になっています。 「i」の上の点と「d」の側面の高さが一致しています。脚「a」は、カットとピークのない長方形です。

    1971年 – 現在

    アディダスロゴ1971年

    70年代初頭、懸念は、さまざまなスポーツ用品の製造業者としてそれを特徴付ける、よりダイナミックなロゴを再ブランド化して作成することを決定しました。最終版の発表はミュンヘンオリンピックと同時でした。新しいロゴはクローバーの葉と3本の水平線を備えています。

    ロゴに3つの縞模様があったフィンランドのブランドKarhuとの競争を排除するために、ドイツの会社は1800ドルとウィスキーのボトル2本で事前に購入しました。トレフォイルは世界の大陸を体現します。最初の–南北アメリカ、2番目–ヨーロッパとアフリカ、3番目–アジアの国々。

    1991 – 現在

    アディダスロゴ1991-現在

    当時、アディダスは根本的に変更されたロゴを導入しました。クローバーはそこから姿を消し、ラインは再配置されました。今や彼らは概略的な山を形成しています–製品の障害とスポーツ志向を克服することの象徴として。丘の効果は、高さの異なる幅の広い縦縞の傾斜によって達成されます。更新されたロゴがあまりに退屈でシンプルすぎると批判されたにもかかわらず、コーポレートアイデンティティの基本要素として承認されました。

    2002年 – 現在

    アディダスロゴ2002-現在

    次の千年紀への移行に伴い、有名なメーカーはロゴを改訂し、小さな変更を加えることを決定しました。その結果、3本の白い縞のある黒いボールが一部の製品で目立ち始めました。彼らは水平に傾いていて、いくつかの強力な動物の爪からの痕跡のように見えます。このオプションはアディダススタイルと呼ばれ、主にファッション業界に焦点を当てています。ロゴは山本恵二とSLVRラインが開発したY-3シリーズを紹介。

    2005年 – 現在

    アディダスロゴ2005-今

    2005年に、同社は別のロゴを導入しました。これは、クラシック名の左側にある黒と白の交互のストライプの形です。このため、ロゴには3本の暗い線と2本の明るい線が含まれており、1967年に受け取られたスペルには「Adidas」という単語が含まれています。

    アディダスエンブレム