アクセンチュアロゴ

    アクセンチュアロゴ

    アクセンチュアは、1989年に設立された公開コンサルティング会社です。しかし、同社の歴史は、金融および技術コンサルティングのユニットである監査会社アーサーアンデルセン(1953年に設立)の一部であったため、はるかに早く始まりました。その後、会社は分離し、独立した組織となりました。現在はダブリン(アイルランド)にあり、そのネットワークは世界の約120か国をカバーしています。

    意味と歴史

    アクセンチュアロゴの進化

    ビジネスコンサルタントのキムピーターセンがアクセンチュアのオプションを提案するまで、ほぼ3か月間、行政は会社の名前を考えました。経営者が考えたように、彼はステレオタイプを放棄する決意とコンサルティングサービスによって保証される新しい地平線への欲望を伝えます。グループの名前は2001年に正式に承認され、その後すぐにエンブレムになりました。お客様の未来をより良いものに変える手助けをするという意図を象徴しています。

    2001 – 2017

    アクセンチュアロゴ2001-2017

    ブランド名には、会社名からなるテキスト部分のみが含まれています。すべての文字は小文字で、長い、sans-serifで、シンボル間の間隔は最小限です。小文字の「c」と「e」は元のデザインになっています。下部の要素が拡張されているため、開いたように見えます。上記の「t」は数学記号 “>”であり、 “more”を意味します。

    2017 – 現在

    アクセンチュアロゴ2017-今

    2017年、経営陣はロゴの構造を変更し、若干の変更を加えることを決定しました。その結果、シンボルはより広くより古典的になり、アクセントマークはより表現力があります。 「c」と「e」の文字には、従来のスペルが使用されています。

    象徴

    アクセンチュアエンブレム

    シンプルなデザインは会社の方向性や仕事のスタイルを的確に伝えます。たとえば、小文字の「a」はサービスの可用性を強調します。 「もっと」の記号は、前進運動ベクトルを示します。厳格な文字は、卓越性への取り組みを示しています。

    フォントと色

    アクセンチュアシンボル

    ロゴには、Sans Sefirグループの標準フォントが使用されています。配色はモノクロで、黒(テキスト)と赤(アクセント記号)の組み合わせで構成されています。