AC / DCロゴ

    AC DCロゴ

    AC / DCは1973年に設立されたオーストラリア出身のミュージカルグループです。彼女は1975年にデビューアルバムをレコーディングし、世界中の仕事に影響を与えた伝説的な集団となりました。チームはスコットランドの2人の兄弟(マルコムとアンガスヤング)によってシドニーで作成され、ハードロック、ブルースロック、ロックンロールのジャンルで活動しています。

    意味と歴史

    AC DCロゴの進化

    デビューエンブレムは、1977年にアルバム「Let There Be Rock」の国際版のリリースと同時に登場しました。このイベントは、Atlantic RecordsのVPであるBob Defrinと人気のグラフィックデザイナーGerard Huertaのコラボレーションにより実現しました。彼らのパートナーシップは、高電圧、電気ショック、落雷が世界中で輝き、ガラガラと鳴り響き、ファンの心に熱狂を吹き込んでいます。ロックバンドの存在の長年にわたって、彼女はロゴのためのいくつかのオプションがありました。

    1974 – 1976

    AC DCロゴ1974-1976

    最初のロゴは、ステンシルを使用して作られた伝統的な警告の碑文です。通常、このような標識は、トランスブース、パネル、および電気キャビネットに配置されており、生命にかかわる高電圧があることを警告しています。このオプションは基礎として採用され、さらに開発されました。 1974年にリリースされたデビューオーストラリアの高電圧アルバムで使用されました。文字には丸みがあり、ステンシルに典型的な断続的なギャップがあります。

    1976

    AC DCロゴ1976

    このバージョンは、1976年にリリースされた国際的なアルバムHigh Rock Hard Rockのカバーを飾りました。このエンブレムでは、文字は細長く、セリフと緑の縁取りがあり、向かい合っています。

    1976 – 1977

    AC DCロゴ1976-1977

    Dirty Deeds Done Dirt Cheapの下で行われた2回目の国際編曲と3回目のオーストラリア編曲は同じデザインを受け取りました。ロゴは、右側に黒い影が付いたグループの赤と深紅色の名前を示しています。彼らは手紙にボリュームを加えます。

    1977 – 現在

    AC DCロゴ1977-現在

    1977年、ゴシック調バージョンが登場。最初は国際的なフォーマットでLet There Be Rockのカバーに使用されました。そして2年後、新しいロゴがオーストラリアでリリースされたHighway to Hellアルバムを飾りました。

    象徴

    AC DCエンブレム

    ロッカーのブランド名は、グループの名前に関連付けられており、電気的な略語にエンコードされています。 AC-「交流」、DC-「直流」。スラッシュの代わりに、ミュージシャンはより適切な記号を使用しました-高電圧を象徴する稲妻。

    フォントと色

    AC DCシンボル

    AC / DCヘッドセットは常に進化しており、最終的には先が尖った巻き毛のシンボルに変わりました。基本色は黒、白、赤です。 1つのバージョンでは、黄色と緑も存在します。