フィンランディアロゴ

    フィンランディアロゴ

    フィンランドニアは、フィンランドで生産されたプレミアムウォッカのブランドです。これは、コスケンコルバ村(イルマヨキ教区)の大麦から生産された蒸留中性アルコールに基づいています。次に、ラヤマキ(Nurmijärvi)で、地元の氷河の融雪水と混合され、風味が付けられ、瓶詰めされます。その結果、このようなアルコール飲料は、クランベリー、ライム、ラズベリー、マンゴー、ワイルドベリーの花束、グレープフルーツ、クラウドベリー、タンジェリン、リンゴンベリー、ブラックカラント、レッドベリーの摘み取りなど、いくつかの種類で得られます。その販売地域は世界135カ国をカバーしています。会社の創設者は、アルコール含有製品を専門とするフィンランドの会社Alkoでした。商標は現在、ブラウンフォーマンコーポレーションが所有しています。設立年は1970年です。

    意味と歴史

    フィンランディアのロゴの歴史

    フィンランドの出現の公式の年にもかかわらず、その蒸留所ははるかに早く、1888年に登場しました。起業家のウィルヘルム・ジュスリンによってイルマヨキ教区のコスケンコルバ村に開かれました。しかし、1920年にアルコール禁止法が可決されたため、州は製薬業界向けの商品やその他のノンアルコール飲料の生産に重点を置くために工場を購入しました。

    解禁後、アルコに代表される北部州政府がウォッカの生産を全面的に管理しました。仕事の激化の結果、1970年にフィンランドブランドが登場しました。一年後、その名前のアルコール飲料はすでに米国市場に供給されていました。 5年後、ラヤマキ村に新しいウォッカ瓶詰め工場が開設されましたが、コスケンコルバではアルコール蒸留プロセスが残っていました。

    ミレニアムの初めに、アメリカの企業ブラウンフォーマンはアルティアグループ(アルコの後継者)からフィンランディアウォッカワールドワイドの45%の株式を購入しました。彼女はアルコール会社が完全に彼女に乗っ取られるまで徐々にそれらを買いました。現在、彼女はその過半数の所有者です。 2016年には、商標の販売に関する情報が掲載されましたが、これは噂のレベルにとどまりました。

    ここ数年、フィンランドのウォッカのアイデンティティは氷と関連付けられてきました。これは、ラベルとブランドボトルの両方にはっきりと表示されており、その最初のサンプルは1970年に発表されました。彼女のデザインはFrozenIceと呼ばれ、彫刻家TapioWirkkalaによってデザインされました。この製品は、北極圏北部の冷たい飲み物のように見えました。

    その後、他のデザインオプションが登場しました。これらには、1998年のHansen Design of DesignPhiladelphiaによるHammeredIce、2003年のHarri Koskinen、Finlandia Global、Wallace Church&CoによるGlacialIceが含まれます。 2011年に開発されたMeltingIceと呼ばれるボトルの別のバージョンがあります。その作者は、フィン・ハリ・コスキネンとアメリカン・ケネス・ハーストです。

    1970 – 1998

    フィンランドロゴ 1970-1998

    初年度の黒のロゴは、昇る太陽を背景に真っ白なトナカイ3頭を描いたものです。大きな赤いボールのように見え、誇らしげに走っている動物の枝分かれした角が効果的に目立ちます。黒と白のコントラストがボトルの氷とその中身を強調することを可能にし、ウォッカは冷ややかな飲み物のように見えます。ブランド名も白で書かれており、ウォッカの産地を示しています。文字は細長く、上部にミニチュアポイントがあります。

    1998 – 2003

    フィンランドロゴ 1998-2003

    次世代のロゴは同じ3頭の鹿を示していますが、紺色の輪郭と白い中心に重点を置いた平らな投影です。このバージョンでは、動物は目を示すミニチュアストロークを持っています。ホーンは強調表示され、青色で囲まれています。碑文は、まるで溶ける氷の破片であるかのように、完全に均一なフォントで作成されています。文字は大文字で幾何学的で、「N」、「A」、「V」の内側の角に鋭い点があります。 2行目は、最初の行の半分のサイズで、文字サイズと長さの両方があります。

    2003 – 2011

    フィンランドロゴ 2003-2011

    再設計後、ボトルは溶ける氷の質感とそれに対応するロゴを受け取りました。ガラス容器のオリジナルデザインを引き立たせているので、白い要素は銀色になっています。デザイナーは飲み物の名前を細い文字で入力し、イタリック体の「フィンランディアのウォッカ」を追加しました。さらに、明るい地平線が現れ、それによって太陽の赤い半円が昇ります。

    2011 – 2018

    フィンランドロゴ 2011-2018

    このエンブレムは紺色が支配的です。鹿は戦うように描かれています。枝角がつながっており、頭が下がり、前足が上がっています。それらの上には太陽を表す赤い点があります。以下は碑文です:ウォッカの名前と生産国。それらは異なるフォントで作られています:最初の部分-グロテスク、2番目の部分-アンティーク。

    2018 –現在

    フィンランドロゴ2018

    現代のロゴでは、開発者が碑文のデザインを変更しました。「A」はクロスバーの側面に丸みがあり、「F」は中央の要素が斜めに切り取られています。鹿は完全に保存されています。角の上部はまだリンクされており、頭は傾けられ、片方の足は上げられています。それらの上には、著者が上半分を削除したため、半円の形で描かれた赤い太陽がぶら下がっています。ウルトラブルーの背景に配置された高齢者の白い色。

    ほとんどすべてのロゴの再設計は、ボトルの更新に関連付けられています。このアプローチにより、高級ウォッカの生産者はガラス容器とラベルの間の調和のとれた関係を維持することができます。さらに、すべてのサンプルには個別の名前があります:冷凍氷、槌で打たれた氷、氷河氷、融解氷。飲み物の氷のような涼しさとその北極圏の起源は、エンブレムの主要な要素である北極圏の北の緯度に生息するトナカイで伝えられます。

    エンブレムフォントと色

    フィンランディアのロゴの碑文は、News GothicBoldCondensed書体のいくつかのバリエーションで作られています。この洗練されたサンセリフ書体は、タイポグラファーのモリスフラーベントンによってデザインされました。フィンランドのブランドの企業パレットは、4色に基づいています。それらの中には、青(背景、文字、輪郭)、白(鹿)、赤(太陽)、銀(碑文と動物)があります。